ファカルティ・ディベロップメント(FD):教育の質向上

ファカルティ・ディベロップメント(FD):教育の質向上

ICUのファカルティ・ディベロップメント(FD)について

国際基督教大学(ICU)では60年前の創立当初から、教員の資質向上、今でいうファカルティ・ディベロップメント(FD)への高い意識を堅持してきました。教員は質の高い教育と責任あるアドヴァイジングに心を砕き、リベラルアーツの大学として、学生たちがクリティカル・シンキングと独立した思考を養えるよう、あらゆる方法を摸索し続けてきました。その過程で、ICUにふさわしい教育環境の整備や刺激あふれる授業を提供するために、他大学に先駆けて様々な試みも行ってきました。アドヴァイジングの一環として、学生が自由に教員の研究室を訪れることのできるオフィス・アワーの設定、授業と学びの効率を数量化するための全学アンケートの実施もその一例と言えます。

ICUは、1990年代に国内の高等教育で急速に問題視されるようになった教育の質保証についても、敏感に対応してきました。1995年にFD主任のポストを創設し、さらに2001にFD委員会を立ち上げて以来、新任教員向けのオリエンテーションに加え、eラーニングや、特別な支援を必要とする学生へのサポートに関する公開セミナーを実施しています。最近では、慎重に工夫を重ね、院生アシスタントによる学生のためのライティング・サポートも開始しました。こういった活動のほとんどはバイリンガルで行われており、本学のFDプログラムに国際的な側面を与えていると言えるでしょう。

本学は良質なFDプログラムを有する大学として、国内で広く認知されていますが、今後さらに十全なサポートを展開し、授業の質の向上を見守ると同時に、教員が研究者としても成長し、学生に最高の教育を提供できるような環境を作りたいと考えています。そのためには、教員同士による評価制度などを構築し、教員がお互いに学びつつ、教師として、また研究者として実力を高められるよう促していくことも必要です。この一助とすべく、効果的で模範的な授業を撮影したビデオ・アーカイヴの準備を現在進めているところでもあります。

ICUでは日英両語による『FD Newsletter』も発行していますが、この度、ウェブでの公開を開始することになりました。他大学のFDにも貢献したいという思いからのことですが、他方、国内外の諸大学が行っている様々なFDの努力についてもさらに学んでいきたいと願っています。将来的にそのような双方向の建設的な関係を築いていくことを展望しつつ、みなさまが本学のFDプラグラムに関心をお持ちくださっていることに、改めて感謝申し上げます。

FDオフィス主任

原文:英語版はこちら

FD Newsletter

ICUでは、年2回『FD Newsletter』を発行しています。

最新号・バックナンバーはこちらから >> http://fd-newsletter.info.icu.ac.jp/

www-fdnl.png

ページTOP