多様な国籍の教員・学生

多様な国籍の教員・学生

外国籍教員と日本国籍教員は1:2。世界的にも高い外国籍教員の比率

1:2.jpg

専任教員の3人に1人は外国籍で、その国籍も約20ヵ国と多様。世界的に見ても、外国籍教員の比率は高い水準となっています。
例えば、ブルガリア出身の教員が『源氏物語』の講義をしたり、ハンガリー人の教員が日本史を教えたり。教員と学問の" 国籍" が交差するのも、ICUにおける学びの魅力の1つです。

世界50を越える国と地域からの学生とともに学ぶ

本学で学ぶ学生のおおよそ10人に1人は外国籍で、その国籍は50を超えます。母語の違いのみならず、その背景はさまざま。個々の「違い」を受け入れて尊重しあい、誰もが区別なく過ごせる環境です。

教室を離れた後も、寮で暮らす友人や、課外活動を楽しむ仲間との間に国籍や人種などの境界はなく、個性あふれる学生たちが共に学び、喜びを分かち合っています。

ページTOP