Every Day is “Global” at ICU.

-日常に息づくICUの「グローバル」-

Global ICU

ICUには、日常に「GLOBAL」がある

SCROLL

Live Globally 「グローバル」に生きる。

朝もやの中で、

冷たい空気を胸に吸い込んで。

たまに早く目覚めたときは、

少しだけ歩いてみる。

今、始まろうとしている朝。

世界のどこかでは、

高く昇った太陽が大地を照らし、

またどこかでは、

夜の帳が下りようとしている。

そんなふうに、世界を感じること。

ここでは、とても普通のこと。

さまざまな背景やオリジナリティをもち、異なる言語を話す人たちが
会話や交流を通して楽しい時間を共有している。
それがICUの国際性。

クララ・シャルフーブ(フランス)

キャンパスのあらゆる場所で、学生たちが
対話を通してお互いに知的好奇心を刺激しあっている。

スービン・チョウ (韓国)

ICUで感じるグローバル。
それは国境を越えた交流から生まれる新たな可能性と深い共感だと思う。

スィンドゥージャ・スィヴァリンガ・ラジャン(インド)

留学生と楽しむお風呂、そこで日本人との交流が生まれる。
教室以外でも異文化を 感じることができるICUでの毎日。

ナヂャ・スムスカヤ(ロシア)

ICUのキャンパスを見渡せば、さまざまな文化が交錯している。

オリビア・ヒックス (アメリカ)

ICUのキャンパスを歩いていると、
さまざまな言語と多くの笑顔に出会うことができる。

ション・モンシュウ (中国)

このキャンパスの中で、私は世界と出会い、世界と共に学んでいる。

ルイス・マルティネス (メキシコ)

異なる文化が交錯するクラスでは、新しい視点が生まれる。

ケビン・ウィルマン (ドイツ)

ICUの授業では、人種や国籍、言語といったさまざまな壁を越えた
対話が繰り広げられます。

小熊真也 (日本)

Every Day is

ICUのグローバル A to Z キーワードから見る、ICUのグローバル