大学院部長メッセージ

大学院部長メッセージ

世界へのスプリングボードとなる親密な学術空間。
冷静な知性と行動力で平和を実現する人材を育成したい。

KAIZOJI_TAISEI.jpg

大学院部長
海蔵寺 大成
Taisei KAIZOJI

ICU大学院は、リベラルアーツ教育を土台とした「平和研究」に代表されるインターディシプリナリー(学際的)な学びを特長とする小規模な大学院です。1953年の開学以来、修士2400名以上、博士220名の学位授与実績がありますが、規模は小さくとも非常に優秀な人材を数多く輩出してきました。

その原点にあるのは、一人ひとりを尊重する徹底した少人数教育を維持してきたことです。教員一人が指導教員として受け持つ学生数は平均二人弱です。指導教員は指導する学生が、家族的雰囲気の中で学ぶことができるように配慮しています。また、学際的・横断的な教育システムを活用して学生が自発的に研究テーマを模索し、決めることができるように指導しています。

教員、学生とも外国人比率が高いこともICU大学院の特長の一つです。日本人だけでなく、欧米、アジア、アフリカなどの国々から留学生を受け入れています。様々な文化的、社会的背景を持つ学生と教員が絶えず「対話」することで、学生が専門知識だけでなく、「世界を相対化する視点」を持つことができるように促しています。大学院の卒業生たちは、国内、海外に飛び立ち、様々な分野で活躍しています。ICU大学院は世界へのスプリングボードでもあるのです。

また、すべての学生は大学院の入学に際して「世界人権宣言」に署名し、すべての人の尊厳と権利を守ることを宣誓します。「世界人権宣言」は建学以来のICUの理念でもあります。これからの世界は、益々多様な価値観の上に成り立つようになり、多様で複雑な社会を包括し、持続可能にすることができる人材が求められています。世界中の企業、公的機関はもとより、あらゆる組織で「学際的な幅広い視点と専門性をあわせ持った人材」が必要なのです。

私たちは、ICUの理念に基づく専門的教育が、必ずこれからの国際社会の「平和」や「持続可能性」に貢献していくことになると確信しています。

ページTOP