教育方針

教育方針

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

<博士前期課程>

博士前期課程では、学部における一般的並びに専門的教養の基礎の上に学術および応用を教授研究し、専攻で定める教育研究上の目的を踏まえた上で以下のような能力を身につけ、所定の教育課程を修了して学位論文の審査および最終審査に合格した者に修士の学位を授与する。

1.広い視野に立った精深な学識

2.専攻分野における研究能力

3.高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力

【専攻における教育研究上の目的】

心理・教育学専攻

教育にかかわる学問諸分野において、人類が平和的かつ創造的な営みのうちに共生するための教育的な諸条件を探求し、国の内外でその実現に向けて指導的な役割を果たす人材を養成する。

公共政策・社会研究専攻

公共政策を含む社会科学の研究分野を深く、かつ他の領域との関連も視野に入れながら広く学際的に研究するとともに、国内および国際機関等において、鋭い分析力と構想力を基礎に、柔軟な課題解決能力を発揮しうる指導的な役割を果たす人材を養成する。

比較文化専攻

広義の文化の諸現象を、問題指向的な方法に基づき深く比較研究し、リベラルアーツの精神と高度の人文学の訓練とを結合した、未来への先見性と責任感とを備えた指導的な役割を果たす人材を養成する。

理学専攻

理学の学問的諸分野および関連分野の専門的訓練と研究を行うと共に、科学全体の文脈の中で専門分野を理解し、更には社会的文脈の中で科学そのものを位置づけることのできる指導的な役割を果たす人材を養成する。

<博士後期課程>

博士後期課程では、博士前期課程で身につけた学術の理論および応用についてその深奥を究め、文化の進展に寄与するために、以下のような能力を身につけ、所定の教育課程を修了して学位論文の審査および最終審査に合格した者に博士の学位を授与する。

1.研究分野について研究者として自立して研究活動を行う能力

2.専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力とその基盤となる豊かな学識

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

<博士前期課程>

博士前期課程では、ディプロマ・ポリシーを踏まえて、文理横断的で幅広く深い学識の涵養を図るべく以下のようにカリキュラムを編成する。

科目の履修については、大学院共通科目から1科目2単位以上、専攻の専門基礎科目から2科目4単位以上、専修の専門教育科目から4科目8単位以上、専攻の専門教育研究科目から3科目6単位以上、各専攻の専門基礎科目、専門教育科目および専門研究科目から3科目6単位以上、その他研究科内の科目から選択科目として2科目4単位以上、合計30単位を履修する。科目の履修とあわせて研究指導を受け、修士論文を提出する。

1. 専門性を深めつつ、豊かな学識を養うための複合的な履修ができる教育課程を編成する。

2. 基礎分野での専門性を維持しつつ、先端技術や新分野まで幅広い分野の開拓が可能な大学院教育を展開する。

3. 基礎科目、発展科目、研究方法に関する科目を系統的に編成し、合わせて学術論文の作成能力の形成および論文指導を行う。

4. 主として第1年次に科目履修、第2年次に修士論文作成を行う。

5. 指導教員は学期ごとに担当学生の学業成績の推移を把握し、修了要件を満たすよう状況に応じて適切に助言する。

6. 個別演習を通じて、研究主題を決定・深化できるように指導する。

【専攻における履修方法】

心理・教育学専攻

教育学専修では、教育の根底をなす人間観や世界観、途上国を含む世界各地の教育制度や教育問題、世界の学校における教育課程や教育法をめぐる根本的な課題を、国際比較の中で取り上げて構造的に分析し、将来に向けた教育施策の根本指針を探る。また、教育工学領域では、e-learningをはじめコンピュータ・視聴覚機器の教授学習過程への活用とその効果および遠隔教育について研究する。教育コミュニケーション領域では、対人コミュニケーションやマス・コミュニケーションの特徴と社会的機能および効果について研究する。教育社会学領域では、教育制度・学校・家族・コミュニティ・社会構造・文化状況の諸特徴と教育の構造・機能・意味および教育施策について研究する。教育研究における質的・量的研究技法についても学習する。

心理学専修では、リベラルアーツの理念に基づき、心理学を幅広い学問分野として捉えた研究および実践に役立つ人材の教育を行う。国際性・学際性に富む柔軟で厳格な実証的研究技法(実験法、調査法、観察法等)に根ざした教育・研究指導を行う。科学性と人間性の総合的視点に立脚する高度な研究を推進する。高度な専門職業人養成という社会的ニーズに対応すべく研究・実践を現場で遂行できる心理職を養成する。

言語教育専修では、英語教育および外国語としての日本語教育の理論と実践に関わる教育として、まずその基礎となる言語学、心理学、教育学における関連知識を学ぶ。さらにそれぞれの目標言語の言語学的知識を修めたのち、より具体的な学問領域、すなわち第一言語習得論、第二言語習得論、外国語教授法、教材・カリキュラム開発、バイリンガル教育、早期外国語教育などの研究に従事する。加えて、実践的学習の一貫として、英語クラス、日本語クラスの各現場においてそれぞれ実習を行い、理論と実践の統合を図る。

公共政策・社会研究専攻

政治・国際研究専修では、政治・国際研究における専門基礎科目では、行政学・公共政策、政治学、法学、国際関係学、国際法・国際機構論の領域における基礎概念や諸理論を修得する。これらを踏まえて、専門科目では公共経営、地方自治、比較政治行政、政治思想、国際政治・外交、国際世論研究、ジェンダーと国際関係といったテーマで理論研究や事例研究を領域横断的に掘り下げ、政策研究に結びつける。

社会文化分析専修では、社会・文化の諸現象を社会学または人類学のアプローチを使って実証的に研究する方法を指導する。質的または量的研究方法を学び、それを応用することが期待される。社会学および文化人類学の分野を専門とする教員から研究指導を受けながら、学際的な研究を行うことができる。研究の一貫として、実地調査を実施する。

メディアと言語専修では、社会言語学、コミュニケーション、メディア等の専門領域における、基礎研究能力を身につけると共に、実践能力をプロジェクト経験等を通して養うことを趣旨とする。基礎および専門科目で上記の主要領域の科目を配すると共に、他専修領域のコースを積極的に活用することで学際的かつ実践的な応用能力を高める。

公共経済学専修では、まず、ミクロ経済学、マクロ経済学、統計分析の基礎理論を学ぶ。これらの基礎的な知識を習得した後、経済学、経営学、ファイナンス、会計学、およびそれらの分野に関係する応用分野の専門的学習、研究の指導を行う。

平和研究専修では、平和、紛争、安全保障分野における幅広く様々なコースを提供する。当該分野の一般的な概観を学ぶ基礎コースから、より専門的なコースを設定する。修了生は学術的、法的、外交的に現存するまたは起こりうる紛争を分析することができ、インタビューや、文献検索を行うことができ、関連資料を見つけ、正しく解釈することができるようになり、政府機関、国際機関、NGO等において平和と安全の分野にて活躍することを想定する。

比較文化専攻

比較文化専攻の日本文化研究専修および超学域文化研究専修においては、学部段階の専門分野についての知識を、比較文化の視点からいっそう深めるため、まず共通基礎科目「比較文化研究方法論」(必修)および各分野に関する専攻基礎科目を履修したうえ、専修領域とテーマに即して科目を履修し、広い視野からの問題の正確な理解を目指す。「専門研究」においては個別的な研究指導をおこなう。

専修共通科目群は、専修分野を超えるような根底的、基幹的な文化の諸構造に即して比較研究の方法を実際に学び、それに習熟し、一層広く確かな比較の立脚点を構築しえるよう設けられている。

理学専攻

数学・情報科学専修では、数学および情報科学においては、問題を抽出し、理論を適用し、計算機科学を応用することにより、実際の問題を解決するプロセスを意識しながら、それぞれの専門分野を学ぶ。さらに、その内容を、専門分野外の人にも、日英両語で伝えることのできるコミュニケーション能力も養う。

学部専門教育の上にたち、さらにそれぞれの分野の基本理論と手法を身につけるとともに、最新の研究にふれ、自らその問題に取り組む経験を通して、研究者のみならず、問題解決能力をもって社会のあらゆる分野で活躍しうる人材を育成することを目的とする。

物質科学専修では、実験と理論研究を行う。実験的分野においては、基礎的な実験スキル、さらに、実験結果から物質の理解に到る論理的展開、理論においては物質科学、理論科学、計算機科学の連携と統合を目指す。

生命科学専修では、植物学、動物学および微生物学の3つの分野の研究がなされているが、これらの専門的なテーマに加え、科学的なものの考え方、基本的な研究の進め方についての指導を行う。

<博士後期課程>

博士後期課程では、ディプロマ・ポリシーを踏まえて、高度の専門性と学際的・学融合的視点をともに備えた人材の育成を目指し、以下のようにカリキュラムを編成する。

1. 「特別専門研究」では、学生に応じて、文献の講読や学生の研究計画に基づく討論などを通じて個別指導を行う。

2. 年次研究報告書の作成にあたり、適切に指導や助言を行う。

3. 博士候補資格取得のため、トピックやデータを掘下げ、精度を上げるための課題や研究に取り組ませる。

4. 博士候補資格取得後、少なくとも3学期間研究指導を行う。

5. 博士論文計画書作成にあたり、博士論文提出までの段階を踏まえて指導や助言を行う。

6. 博士論文最終草稿を作成するにあたり、学生の状況を踏まえて適切に指導や助言を行う。

7. 博士学位論文を提出するまでに、原則として外部学術雑誌に当該論文に関連した論文を一編以上掲載するよう指導や助言を行う。

8. 博士論文作成にあたり、最終草稿の審査で指摘された内容を踏まえて指導や助言を行う。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際基督教大学は「神と人とに奉仕する」ことを理念として、三つの使命である国際性への使命、キリスト教への使命、学問への使命を掲げて、学問分野間の境界を超えたリベラルアーツ教育を実践している。

本大学院は、これら三つの使命に基づき、学部で養われた学術知識の上に、諸分野の研究を通じて教育・研究両面におけるさらなる発展を目的として設置された。本大学院は、日本語と英語のバイリンガル教育を基礎に、世界と日本を結ぶ架け橋としての役割を担う高い専門性を備えた指導的人材を育成するため、専門分野の知識に加え、、主体的研究能力や問題解決能力を備えた学生を求めている。

このような学生を受け入れるために、入学選考においては4月入学と9月入学の制度を設けており、日本語または英語で提出される書類の精査(書類選考)および十分な時間をかけた面接を行うことによって、入学志願者の学問的資質や適性、関心や意欲を多角的に評価し判定する。

<博士前期課程>

心理・教育学専攻

本専攻では、過去の研究や先人たちの営みをあらゆる角度から相対化し、自らの問題意識を確立させ、安易に結論を出さず考え抜く姿勢を学生に求めている。学際的に知の探求と実践に取り組み、複眼的視野を保ちつつ、確かで豊かな専門知識を獲得し、創造的提案という形で社会へ貢献しようとする意欲をもった学生を受け入れる。個々の問題意識を尊重し、その学生にしかできない個性ある研究を完成する努力を惜しまない学生の育成を目指している。

公共政策・社会研究専攻

本専攻では、国際性豊かな教授陣から研究方法と理論的思考を学び、多くの国々からの留学生との刺激的な議論を通じて自分の専門的研究を深めることができる。世界の多様な価値観の中で起こる誤解や偏見と向き合い、グローバルな視点に基づいた学際的研究を行うことにチャレンジする意欲と、枠組みにとらわれず多角的に学びながら自らの専門研究を追及していこうとする学生を求めている。多くの授業が英語で開講され、英語を使ったコミュニケーション能力の向上も目指している。

比較文化専攻

本専攻では、世界に存在する多様な分野の文化研究を幅広い視点から比較・検証し、国籍や文化の既存の壁を越えて自立的で独自の学びや研究を深めていくことができる学生を求めている。本専攻で得られた学びを、人間そのものの深い理解へと昇華させ、リベラルアーツの精神と高度な人文学の訓練との結合を通じて、人類の未来に対する先見性と倫理観を備えた指導的役割を担う人材を養成する。

理学専攻

本専攻では、少人数制の特徴を生かし、教授陣と学生の密接なコミュニケーションを通じて、高度な理学分野の研究環境を実現している。また、国内外の大学・研究所との協力関係を通じて、学生に多様な最新の理学研究大学院への門戸を開き、最適な研究環境を提供することで、専門的な能力と実践的な英語力をも培うことができる。専門分野の知識や技能の修得にとどまらず、高いコミュニケーション能力を獲得し、社会との関わりのなかで理学研究の方向性や社会に対する多様な貢献の可能性の道筋を探ろうとする学生を求めている。

<博士後期課程>

本大学院博士後期課程では、日本語と英語のバイリンガル教育を基礎に、より高い専門性を備えた指導的人材を育成するため、主体的研究能力と問題解決能力を備えていることに加え、研究者として自立的に研究活動を行い、その基盤となる豊かな学識を獲得しようとする意欲をもち、学会活動など学外での学問活動を活発に行い、研究者としての努力を惜しまず続けられる学生を求めている。

ページTOP