学士・修士5年プログラム

学士・修士5年プログラム

キャリア志向、サポートします!

5年プログラム (4).jpg

修士の学位を取得するためには、通常、学部で4年、その後大学院で2年の計6年間の学びが必要ですが、この5年プログラムでは、学部で4年、その後大学院(博士前期)1年の計5年で、「学士」の学位と「修士」の学位の両方を取得することができます。

本プログラム創設の目的は、成熟した知識基盤に立つ現代国際社会の要請に応え、国際的なリーダーシップを発揮する人材を育成することにあります。今や国際社会が求めているのは、知識全体を俯瞰しながら社会に新たな価値を創造し、課題を解決に導くことのできる有為の人材であり、その証しとしての修士の学位は、今後、研究・ビジネスといった分野を問わず、国際社会で必須となることでしょう。本プログラムでは、優秀な学部学生に早期により高度な学位を授与することで、修了後の進路に多様な選択肢を与えられると自負しています。

5年プログラムでは、本学学部4年次から大学院科目の履修を開始し、大学院生にまじって、論文作成をめざし、指導教員から体系的かつきめ細かな指導を受けることができます。大学院入学後は大学院科目を履修しながら並行して修士論文作成を行い、最初の一年間で修士の学位を取得することになります。

この5年プログラムで入学した場合、大学院の入学金が免除されるメリットがあるほか、大学院新入生奨学金に採用されればさらに大学院1年次第1学期の授業料(授業料および施設費)も免除され、大学院での納付負担金は二学期分の授業料のみ(授業料および施設費)となります。

詳細は、5年プログラムのパンフレットをご覧ください。

5PRO.jpg

ページTOP