哲学・宗教学

哲学・宗教学

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

PHR-anri.jpg

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

Mission Statement

リベラルアーツ教育における本メジャーの使命は、必ずしも専門の研究者を育成することではない。それは、人間であれば誰でももたざるを得ない「意味」への 問いや「価値」にかかわる理念を批判的に吟味し、これをより確実な基盤の上に展開する力を養うことである。人間と生についてのもっとも基本的な問いを提出 する哲学や宗教学は、敬虔にして自由な人格の涵養を目指すリベラルアーツ教育の中核を構成する。

哲学や宗教学を専攻する学生は、みずからが当然のごとくに前提としている地平や視点をも問いに付す能力 と、みずからとは異なる前提に立つ他者の思想を理解しようとする努力を学ぶことになる。自分は何を知ることができるか、何をなすべきか、何を望むことがで きるか――これらの問いを発することにより、学生は人間の究極的な可能性と限界とを尋ね、「自己自身を知る」という古典的かつ現代的な課題への接近方法を 学ぶことができる。

Learning Goals

哲学・宗教学を専攻する学生は、以下の学修目標をもつ。

  1. 哲学・宗教を人間の本質的な活動のひとつとして、またその不可欠の基盤として理解することを学ぶ。
  2. 哲学・宗教学の基本概念を学び、その複雑な対象を学問的に構成するための方法論を学ぶ。
  3. 異なる哲学・宗教をもつ人々を理解し尊重する視野を得る。

具体的な履修計画として、西洋哲学・倫理学・中国哲学/倫理学・旧約聖書学・新約聖書学・神学・宗教哲学・宗教学などの重点分野をひとつ、あるいは 複数選択し、それぞれ概論から基礎研究や講読・演習へ、そして特別研究や特定問題研究の授業へと進み、最後に各指導教授のもとで卒業論文を執筆する。な お、研究をすすめるうえで、ヘブライ語、ギリシア語、ラテン語、英語、ドイツ語、フランス語、中国語などの読解力がきわめて重要となる。

ページTOP