経済学

経済学

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

ECO-jp-kaizoji-.jpg

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

Mission Statement

経済学メジャーでは、現在の市場経済社会がどのような仕組みで動いているかを学ぶことが大きな目的となる。少子高齢化や経済活動の国際化が急速に進展する なかで、それに対応した構造改革が大きな政策課題となっている。また、貧困や失業を防ぐとともに地球環境を守り、人々の生活水準を改善する為にはどの様な 方策があるかを考えるためには、現実の経済活動の仕組みを理論と実証的な枠組みで理解することが大きな前提となる。また企業や産業だけでなく、社会保障や 福祉等の分野でも、限られた財源の下で、弱者救済のためには、何が最も有効な手段であり、それをどの様な組織で行うのが効率的かを分析する。

Learning Goals

経済学は、国際的な水準を満たす理論的な研究を行うことが大きな目的であるが、それだけでなく実証研究の蓄積を通じて、現在の経済社会や政府の直面する具体的な問題への対処にも十分に貢献できる人材の養成を目指す。

経済学メジャーでは、現在の社会問題の多くについて、経済学の分析手段を用いて研究する手法を学ぶ。この場合、専門的な業務で経済学を用いる学界・国際機関・官庁等を目指す場合と、幅広い知識を必要とする企業等で働く場合とでは、分けて考える必要がある。

基礎科目を終えた後は、基礎のマクロ・ミクロ理論や計量的な分析手法を学ぶ科目と、それらの応用的な分野の科目を組み合わせることでは共通している。経済学についてより深く学ぶために将来の大学院等への進学を目指す場合には、理論や計量的手法の科目をより多く取る必要があるが、直ちに企業等で働く場合には、応用経済学の科目主体でも差し支えない。

ページTOP