歴史学

歴史学

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

HST-eskildsen.jpg

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

Mission Statement

歴史学メジャーは、歴史研究の多角的な実践とその可能性の追求を通して、複雑に錯綜する現代の諸問題の由来を歴史的観点から理解し、地球市民として行動す るための教養と批判力を養うことを目標とする。考察の対象は環境、経済、政治、社会、文化、技術、思想、宗教、日常生活など多岐にわたるが、いずれにして も、時間軸のなかで世界を把握し、現在を相対的に把握することに重きをおく。

Learning Goals

歴史学メジャーで学ぶ学生のLearning Goalsは以下である。

  1. Originality: 学生は、考察対象となる過去の社会や出来事に対して、独自の問いを立てられること。
  2. Historical Thinking: 学生は、学問としての歴史研究の歩みのなかで蓄積された見地や理論、また議論の経緯を理解・評価し、自分の問いと関連づけるという、歴史的思考力を身につけること。
  3. Research Skills: 学生は、自分の研究に必要な一次史料・二次史料を収集、読解、分析、評価できること。また史料や解釈に発生するバイアス(見解の違い)や推論を見分けること。
  4. Communication: 学生は、自らの学問関心や研究成果を他の者と共有するために、これを論文や口頭発表その他の形式をとって発表できること。
  5. Social Responsibility: 学生は、専門知識を有する個人として、その発言に責任をもつこと。

歴史学は、過去の社会や出来事を、批判的、共感的、多角的に分析し理解する学問である。現在への鮮明な問題意識なくして歴史学は成り立たないが、同時に過 去への深い洞察と知識なくして、現代を充分に理解することもできない。従って、歴史学を専攻するためには、厳密な史料分析の手法と、複雑な事象を統合する 構成力、歴史叙述のための論理的思考力が必要である。

研究方法に関する基礎的な演習を得た後に、日本史、アジア史、西洋史、その他のフィールドのうち一つに自らの研究テーマを設定し、上級コースや卒業研究のための演習を経て、最終的に卒業論文を作成する。

ページTOP