情報科学

情報科学

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

ISC-matz.jpg

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

Mission Statement

情報科学メジャーは、リベラル・アーツ教育の本質でもある批判的思考、特に分析的・論理的思考能力の育成をはかると共に、これに基づいた問題解決の過程を体系的に学びかつ諸分野への応用力を養い、先進の理論を学ぶ基礎を築くことを使命とする。

情報科学は現代人のあらゆる営みと密接に関係している一方で、数理論理学や計算理論などの数学実行であ る。他方、情報科学における情報処理は、社会学的・心理学的な面で人間の活動を規定し、自然科学の理論を創出し、実験による検証を企画し、また生命科学に おいては脳のモデルを提供する。すなわち情報科学は情報とそれに基づいた、思考に関係した複雑な問題すべてに関わっている。コンピュータの発達により、情 報科学はあらゆる分野に貢献することが可能になっている。神経科学・パターン認識・自動制御装置・人型ロボット等々。例えば分子生物学の分野では、現実の 事象として実験することや観測が非常に困難な現象も、コンピュータ上にシミュレーションすることで生体分子レベルでの分析研究が実現可能となっている。

Learning Goals

情報科学メジャーの目標は、学生に情報科学における優れた背景、土台を供給することであり、具体的には次のようなことがらを含んでいる。すなわち情報科学 の数学的な広がり、ハードウェアにおける物理実装、ソフトウェアレベルでは、優れた実際的な技術や深い洞察によって、社会や経済に情報科学の応用が大きな 影響をもたらすことなどである。

一連の現代の情報科学技術は、データの離散構造、プログラミング技術、アルゴリズムと複雑性、アーキテクチャと組織化、オペレーティングシステム、ネット ワークベースのコンピューティング、プログラミング言語、ヒューマンコンピュータインターフェース、グラフィックスと可視化、知的システム、情報管理、ソ フトウェア工学、コンピュータ利用の数値解析など多岐にわたるものが多く入り混じっている。

情報科学専修を目指す学生は、設計、一般的な情報システムの活用とその評価、そして少なくともひとつ以上の分野における専門的特化技術を身につけることが 求められる。例えば、プログラミング、ネットワーク管理、コンピュータグラフィックス、科学コンピューティング、あるいは、人工知能などである。

ページTOP