NEWS

NEWS

大学博物館湯浅八郎記念館特別展「ICU図書館所蔵 バンクス植物図譜 4」

公開日:2017年4月14日

4月4日(火)から6月17日(土)までの間、本学の大学博物館湯浅八郎記念館にて特別展「ICU図書館所蔵 バンクス植物図譜 4」が開催されています。

ジョセフ・バンクス卿(1743-1820)は、1768年から1771年のキャプテン・クックの第1回世界探検航海に同行し、膨大な植物標本を収集しました。また、バンクスに随行してエンデバー号に乗り込んだ9名の植物学者や植物画家、風景画家らはスケッチや水彩画を残していました。帰国後、それらをもとに原版を彫り、論文とあわせて出版される予定でしたが、諸般の事情から全点が完全な形で世に出ることはありませんでした。

しかし、学術的価値が高いことから、原版作成から200年を経た1980年から90年にかけてイギリスの出版社アレクト社と大英博物館の協力によって、全743枚、限定100セットの彩色版画が出版されました。本学は、その『バンクス植物図譜』の全点を所蔵しており、1996年より順次展示紹介しています。今回の特別展では、ニュージーランド部分183点のうち91点と、さらに、18から19世紀に刊行された『ボタニカル・マガジン』から関連する植物画のページも同時に展示されています。

植物学はもちろん、科学や歴史の資料として貴重な『バンクス植物図譜』ですが、緻密で繊細な描写、彩色、構図は実に美しく芸術作品としても楽しめます。『バンクス植物図譜』から、大航海時代に未知なる植物を求めたバンクスの情熱を感じてみてください。

ページTOP