海外英語研修(SEA)プログラム

英語運用能力を伸ばす

夏休みを利用し、英語を母語とする国の大学およびその英語研修所が運営する6 週間のプログラムで、異文化体験をしながら集中的に英語を学習します。視野を広げ、英語でコミュニケーションできる力を身につけます。自分がマイノリティとなる経験を通して、自分を知る、自信を持つなど、自分自身の内面的な成熟も期待できます。初の海外体験としてのSEA プログラムを経て、「次は専修分野の学問を海外大学で学びたい」と、交換留学を目指す学生も例年数多くいます。

フレッシュマンSEAプログラム【1年次対象】

1年次の夏休みに、カナダ、アメリカ、オーストラリア、アイルランドおよびイギリスで行われる約6週間の英語研修プログラムです。フレッシュマンSEA プログラムを修了すると、ELA「Academic Skills」のうちの2 単位と選択科目「Overseas Academic Skills」2 単位を取得できます。6カ国12校、定員は230名です。

研修校のウェブサイトを確認される際の留意点:
各研修校と協定を結び、ICU生だけのために特別にカリキュラムを組んでいることもあるため、ウェブサイト上で提供されているコース情報、金額や期間はフレッシュマンSEAプログラムの内容と異なる場合があります。

フレッシュマンSEAプログラムのスケジュール

ソフォモアSEAプログラム 【2年次対象】

2年次の夏休みに、カナダ、アメリカ、イギリスで行われる約6週間の英語研修プログラムです。ELA「Research Writing」3単位と選択科目「Overseas Research Writing」1単位に相当する英語科目を履修します。ICU 生のために特別に組まれた「Research Writing」のカリキュラムの他に、世界各国から集まる英語学習者のための英語研修プログラムにも参加。その内容は、主にスピーキングとリスニング能力の向上に重点を置いたものです。短期間で「Research Writing」を行うため、成績や英語力などによる選考を行います。2カ国3校、定員は40名です。

ソフォモアSEAプログラムのスケジュール

費用概要

費用概算:約42万~79万円以上(授業料、渡航費、宿泊費、保険料など)
*渡航先により異なる。一部食費や現地交通費などの諸経費は別途負担。

参加者の声

2017年度フレッシュマンSEAプログラム参加者 村上円佳さん
派遣先:セント・マイケルズ大学(アメリカ)

このプログラムへの参加を決めた理由は2あります。まず、夏休みを利用して英語力を向上させたいという思いがあったからです。春学期のELAの成果を測り、また今後の英語の勉強に役立てるという意味でも、この時期に留学できることは私にとって嬉しいものでした。

セント・マイケルズ大学は勉強が忙しく大変だという話を聞いていましたが、ICUの先輩からは、時間を上手く使えば勉強も遊びもきちんと両立でき、メリハリのある生活が送れると聞いていたので、自分の成長を期待してこの大学を選びました。

もう1つの理由は、英語圏での海外生活を経験したかったからです。留学以前の海外渡航経験は僅か一回で、英語圏ではない国だったので、英語の勉強のために英語に囲まれた生活をすることは前々からの憧れであり目標でした。勉強以外の観点では、様々な背景を持つ人々が住むアメリカでそれぞれの文化を知り、日本を外から見てみるという新しい視点を得たいという気持ちもありました。

この留学を通して、苦労したことや辛かったことはたくさんありましたが、やり遂げた今一番思うことは、やはりこのプログラムに参加できて本当に良かったということです。私がこの留学を通して学んだことは、万事「なんとかなる」ということです。大変ながらも様々なことを吸収でき、秋学期の英語の勉強のモチベーションにも大きく繋がりました。

入学早々いきなり海外に留学するのはあまりに大変で不安だという人も、一緒に助け合い乗り越えられるICU生がいるので、このプログラムは是非お薦めしたいです。

2017年度ソフォモアSEAプログラム参加者:大高 菜摘さん
派遣先:ウィスコンシン大学 ミルウォーキー校(アメリカ)

プログラム参加のきっかけは、まだメジャーを決めていない私にとって、Research Writing (RW)の単位を夏休み中に取得することで、学期中の履修計画に余裕を持てることが魅力的だったからです。

ウィスコンシン大学の敷地は広大で、リスやウサギがあちらこちらに見られる素敵なキャンパスです。海のように大きなミシガン湖には自転車で10分ほどなので、綺麗な景色を楽しめます。また、世界最大規模のミュージックフェスなど様々なフェスがあり、とても賑やかでした。

ICU生は、RWのクラスに加えてESLプログラムを受けました。ESLプログラムは、他の国からの学生と一緒に受講したのですが、皆それぞれに英語のなまりがあったので、最初は聞き取りづらく苦労しましたが、次第に聞き取れるようになり、最終的には、発信し、理解しようとする姿勢が大事だと思うようになりました。RWのクラスは、先生がとても熱心な方でとても丁寧に指導くださいました。図書館もきれいで使いやすく、集中的に書き上げるのに良い環境でした。

昼食時間は、ESLの授業を受けていたカメルーン人の友人などと一緒に過ごし、多くの話をしました。放課後は、スーパーやダウンタウンで買い物をしたり、友達とご飯を食べたりして過ごしました。また、ICU生には、1人ずつカンバセーションパートナーをつけてくださったので、現地の大学生と交流することができました。私のパートナーは日本で日本語を勉強したことのある人で、日本の話しなどで盛り上がって楽しかったです。

6週間で本当に多くのことを経験しました。SUMMERFESTという音楽フェスでのボランティア活動や人生初のラフティング、野球観戦、独立記念日を祝う花火大会、そしてシカゴへのトリップなどとても充実した貴重な時間を過ごすことができました。

留学参加者数

Page top