市民聴講
(三鷹市提携国際基督教大学公開講座)


2019年度 冬学期(12-2月)


1. 西洋近世美術/Art of the West in the 16th-18th Centuries

科目番号 ARC202(開講言語:日本語)
講師
曜日・時間 火/8:50-11:20 木/8:50-10:00 【初回:12月5日】
教室 H-215 (本館2階)
講義内容 イタリア、もしくはフランス、ドイツにおける16-18世紀の絵画、彫刻、服飾の解説。作品の様式的・図像学的問題を考察する。

2. 文学へのアプローチ/Approaches to Literature

科目番号 LIT101(開講言語:英語)
講師
曜日・時間 火/11:30-12:40 木/10:10-12:40 【初回:12月5日】
教室 H-316(本館3階)
講義内容 20世紀の散文・詩作品を使って,学生諸君にテクストの読解と分析の方法を身につけてもらう。最終的には,具体的な根拠に支えられた,可能なテクスト解釈にかんする総合的な結論に到達できるようにする。

3. フランス文学・映画・思想 II/French Literature, Cinema, Thoughts II

科目番号 BUS303 (開講言語:フランス語)
講師
曜日・時間 火/8:50-11:20 木/8:50-10:00 【初回:12月5日】
教室 H-316 (本館3階)
講義内容 芸術表象の諸問題を、フランス文学、映画、思想のジャンル横断的な視点から考察する。扱うテクストおよび資料は毎年異なる。

4. 近世日本文学/Early Modern Japanese Literature

科目番号 LAW102 (開講言語:日本語)
講師
曜日・時間 月・水・金/11:30-12:40 【初回:12月4日】
教室 H-215(本館2階)
講義内容 近世日本文学の研究: 主要なジャンルと作品を分析することによって、伝統の流れを追究する一方、近・現代文学の前提について考慮する。

5. 日本史(近代)III/History of Japan (Modern) III

科目番号 HST106 (開講言語:英語)
講師
曜日・時間 月・水・金/11:30-12:40 【初回:12月4日】
教室 H-170 (本館1階)
講義内容 明治維新以後の近代日本形成とその主たる諸要因を考察する。

6. 環境法/Environmental Law

科目番号 LAW214(開講言語:英語)
講師
曜日・時間 水/15:10-19:00 【初回:12月4日】
教室 H-252 (本館2階)
講義内容 環境法の発展を様々な視点から学びます。環境法の特色と基本理念、環境法の生成と発展、国内環境法の歴史的発展とその到達点を論点として検討する。法学的アプローチに加えて政策的アプローチも採用する。

7. 行政学/Public Administration

科目番号 PPL204 (開講言語:日本語)
講師
曜日・時間 月/15:10-19:00 【初回:12月9日】
教室 H-352 (本館3階)
講義内容 現代行政の構造と機能、官僚制の生理と病理、公務員の行動様式とその民主的統制について、理論と現実の両面から考察する。とくに我が国の行政改革の動向に注目し、政官関係の改革、公務員制度改革、民営化、透明化、NPM改革、行政責任確保の手段をとり上げる。

8. 言語学入門 I / Introduction to Linguistics I

科目番号 LIG101 (開講言語:英語)
講師
曜日・時間 火・木/13:15-15:00 【初回:12月5日】
教室 H-359 (本館3階)
講義内容 人間言語の音韻システム、単語の構成、文の構造、意味のとらえ方などに焦点をあて、言語学の基礎体系を学ぶ。具体的な言語分析になれることによって、人間言語がどのようなシステムになっているか、また、どのように働くのかを理解する。

9. 環境科学/Environmental Science

科目番号 ENV102 (開講言語:日本語)
講師
曜日・時間 火・木/11:30-12:40 【初回:12月5日】
教室 H-251(2階)
講義内容 環境科学の概論講座。環境とは何か、現在私たちのいる環境はどういう状況にあるのか。また人間の活動が地球環境どのように影響を及ぼしているのか。これらを科学的に理解し、私たち人間の活動と地球環境の調和点を探るにはどうすべきかを考察し、理解を深める。

10. 動物発生生物学概論/Basic Concepts in Animal Developmental Biology

科目番号 CHM104 (開講言語:日本語)
講師
曜日・時間 火・木/10:10-11:20 【初回:12月5日】
教室 SH-N231(理学館2階)
講義内容 動物の発生における成長、分化、形態形成の基本的過程とそのメカニズム。動物の発生を制御する遺伝子の働きについて学ぶ。動物学の基礎である発生生物学を分子レベルで理解するための基礎を学ぶことを目的とする。

11. 物理学特論 III/Special Studies in Physics III

科目番号 PHY383 (開講言語:英語)
講師
曜日・時間 火/8:50-11:20 【初回:12月10日】
教室 SH-S312(理学館3階)
講義内容 物理学の基礎概念や最先端の研究分野について、これまでに学んだことを基により深く学ぶ。量子力学に対する概念的な理解に加え、ミクロな世界における実際の問題を解く手法を習得することを目標とする。

【市民聴講】受講案内

対象者

学生(大学院生も含む)を除く18歳以上の三鷹市および近隣市区に在住の方


申し込み方法

受講の申込は、先着順となります。満席等となった場合には、受講できないこともありますのでご了承ください。申し込みは、次の4通りで受け付けています。

  1. WEBからの申し込み
    申し込みフォームに受講希望の講座名、住所、氏名、電話番号、メールアドレスを入力してください。

  2. 本学社会サービス担当窓口での申し込み
    直接、社会サービス窓口(本部棟2階)までお越しいただき、申し込みをしてください。

  3. 三鷹ネットワーク大学窓口での申し込み

  4. 上記以外での申し込み
    社会サービス担当窓口に電話(0422-33-3013)でお尋ねください。

募集人数

いずれも若干名


受講料

1科目15,000円(三鷹市在住者の場合、三鷹市とICU共同で1学期1科目を限度に1,500円を助成しますので、13,500円となります)。教材費は実費負担となります。


受講料支払方法

次の3通りのいずれかでお支払いください。

  1. 本学社会サービス担当窓口で現金にて支払

  2. ゆうちょ銀行への振込
    記号番号:00160-9-180606
    加入者名:学校法人国際基督教大学
    通信欄:受講希望の講座名、住所、氏名、電話番号、メールアドレスをご記入下さい。

  3. 三鷹ネットワーク大学窓口で現金にて支払

※振込手数料は各自にてご負担ください。 支払い期間を過ぎても入金確認ができない場合は、申し込みは無効となります。


受講にあたっての注意事項

  • 現住所および年齢を確認させていただくため授業開始日に社会サービス担当窓口(本部棟2F総務グループ内)にて生年月日・住所の記載のある身分証明となるもの(運転免許証、保険証等)をご提示下さい。お支払時に確認させて頂いた方は不要です。
  • 開講講座は全て本学の通常の授業ですので、学生と同様に、開講曜日/時間の授業は、特別な事情がない限り全て受講していただくことになります。
  • 聴講生は、試験・成績評価および単位を得ることはできません。また、ICU学生向けの学内情報サイトはご利用出来ません。
  • 図書館は「受講通知」の提示で入館、閲覧できます。ただし貸出は不可となります。
  • 休講・教室変更に関しては、教室の入り口の掲示をご確認下さい。
  • 悪天候等による全学的な休講については学内専用サイトhttps://icu-portal.icu.ac.jp/loginのトップページに掲載いたしますので、こちらをご覧下さい。

祝日開講・休講日について

下記の祝日は開講日ですのでご注意ください

  • 2月11日(月) 建国記念の日
  • 2月24日(月)  天皇誕生日

休講について

  • 12月24日(火)、12月25日(水)~2020年1月5日(日) クリスマス年末年始休暇
  • 2020年1月31日(金)~2月1日(土) 入試のため

キャンセル、変更について

  • 一旦納入された受講料は、原則として返金できません。本学の受講学生で満席となった場合や講座が変更になった場合は受講できないこともありますのでご了承下さい。その際受講料は全額返金いたします。
  • やむを得ない事情により受講ができなくなった場合は、11月27日(水)までに本学社会サービス担当にご連絡ください。本人名義の銀行口座に返金いたします。振込み手数料分は、ご本人負担となります。

お問い合わせ先

国際基督教大学 社会サービス担当(本部棟2F総務グループ内)

〒181-8585 三鷹市大沢3-10-2
TEL:0422-33-3013(直)/FAX:0422-33-3786/E-mail:s-service@icu.ac.jp
社会サービス窓口取扱時間 月~金/9時半〜11時半、13時~16時半(土・日曜、祝日は閉室)

Page top