EVENT

EVENT

日本天文学会 2014年春季年会 公開講演会

3/
23

2014年3月23日(日)、本学を会場に日本天文学会が開催されます。公開講演会では、「人は宇宙に何をみてきたのか」と題し、人間はどのように宇宙と向き合い、宇宙から何を見出そうとしてきたかを、宇宙に向き合う古の人々の眼差し、現代の私たちの眼差し、そして未来へ向けての眼差しという3つの観点から、3名の講演者に論じていただ きます。
 

日時

2014年3月23日(日) 会場12:30 開演13:00

入場無料・事前申込不要
定員400名 (定員を超える場合は、先着順とさせていただきます)

会場

国際基督教大学 ディッフェンドルファー記念館 東棟 オーディトリアム
 

プログラム

12:30 開場
13:00 開演
13:00-13:15 挨拶
13:15-14:15 講演 I (村上陽一郎 氏)
14:25-15:25 講演 II (村上斉 氏)
15:35-16:35 講演 III (青木和光 氏)
16:35-16:50  結び
 

講演内容

I.古の人々の眼差し-天文学史にみる人間の宇宙観の変遷

村上陽一郎 氏(東洋英和女学院大学学長、東京大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授)

II.現代の私たちの眼差し-最先端の宇宙論研究から考える宇宙における私たちの存在

村山斉 氏(東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 機構長)

III.未来に向けての眼差し-次世代の観測装置は宇宙に何を求めているのか

青木和光 氏(自然科学研究機構国立天文台TMT推進室 准教授)
 

お問い合わせ先

【公開講演会について】

日本天文学会 年間開催地理事
国際基督教大学教養学部 准教授 石丸友里:

【日本天文学会春季年会全般について】

日本天文学会 年会実行委員会:

 
 
主催:公益社団法人 日本天文学会
共催:国際基督教大学,自然科学研究機構 国立天文台
後援:三鷹市,三鷹市教育委員会,NPO法人三鷹ネットワーク大学推進機構,日本学術会議物理学委員会IAU分科会?

ページTOP