情報発信能力の涵養

知の表現者として、英語によるアカデミックライティング力を高めます。

ICUでは、グローバル人材の育成にあたり、「英語で書く能力」にも重きを置いています。そのために、ELAでは1年次からアカデミックライティング力の育成に取り組み、その集大成としてResearch Writing(論文作成)という科目を履修します。

さらに、専門科目では、複数の英語開講の科目を「Wコース」として指定し、分野に特化したライティング手法を磨く科目としています。このWコースでは、通常よりも多くのライティング課題を課す一方で、ライティングの指導を補助するチューターが授業外で個人指導を提供することにより、アカデミックライティング力のさらなる向上を目指す手助けをします。

学生はこれらの科目を履修することで、自らのメジャー(専修分野)にふさわしいアカデミックライティング力を有し、学びの集大成である卒業論文を英語で執筆する力を身に付けていきます。