英語運用能力の伸長

リベラルアーツ英語プログラム(ELA)
アカデミックな英語力を身につけ、さらに批判的思考力も磨きます

ELAでは、学生一人一人が自身の習熟度に応じた課程(Stream1~4) で英語を身につけます。入学の時点で英語の習熟度が高い学生は、短期間で集中的に学ぶことができますし、じっくり英語力を伸ばす必要のある学生には十分な指導と演習の機会が用意されています。ELAで学ぶプレゼンテーションの仕方、講義の聴き方、語彙構築などは、英語学習のためだけでなく、大学で学ぶための重要な土台となるものです。

具体的には、「異文化間コミュニケーション」や「生命倫理」などのテーマに関連した文献を読み、議論し、小論文を書くといった学術活動に取り組むなかで、独創的・批判的・主体的に考える力を身につけていきます。さらに、すべて英語で行われる授業に参加することで、大学で必要となる実践的な英語力を磨きます。

そして、ELA最後の学期には「Research Writing(論文作成)」を履修し、関心がある研究テーマについて資料を集め、個人指導などを受けながら英語で論文を書き上げます。

授業は少人数制で、学生同士や教員との活発なコミュニケーションやディスカッションを重視します。ELAは、学生の興味・関心を起点にして学習意欲を最大に引き出し、学問に積極的に取り組む姿勢を促す、リベラルアーツへの重要な導入教育です。