ニュース

ギュンテル・スレーワーゲン駐日ベルギー大使が講演

2016年10月28日

10月27日(木)、本学にてギュンテル・スレーワーゲン・ベルギー大使が、植田隆子教授(メジャー:政治学、国際関係学)の授業、「国際関係史」の中で講演「日本・ベルギー・ヨーロッパ」(英語)を行いました。

今年は、日本とベルギーの外交関係樹立150周年であることから、スレーワーゲン大使は、ベルギーと日本の極めて良好な関係について説明されました。次に、ベルギーが推進してきた欧州統合の現況について述べ、日本はアジア諸国の中でEUのベスト・パートナーであるとし、日EU経済連携協定に対する期待が示されました。

質疑応答では学生から多数の質問が挙がり、大使は、その一つひとつに丁寧にお答えになられました。

IMG_8862.jpg