ニュース

ミドルベリー大学 ローリー・パットン学長来訪

2016年11月11日

11月9日(水)、本学協定校であるミドルベリー大学(バーモント州、アメリカ)ローリー・パットン学長が来学し、交流昼食会が開催されました。ミドルベリー大学から本学に留学中の学生や、ミドルベリー大学に留学し、帰国した本学学生のほか、2016年夏に両大学協働で実施したサービス・ラーニング活動に参加した学生、ミドルベリー大学から招聘され、本学で数学を教えている ピーター・シューマー客員教授他、関係教職員が集いました。

パットン学長は、「海外留学こそ教育の拡充と個々の学生の成長を促す最良の機会で、今後さらに両大学で創造、連携、協力して真の学術交流の促進に取り組みましょう」と力強く話され、2010年に両大学の学術交流協定が締結されて以来、従来の学生の交換留学のみならず、既存の枠にとらわれない学生の教育交流や教員交流に発展していることを改めて確認する機会となりました。

IMG_6698.JPG国際教育交流主任 鄭朱泳上級准教授とローリー・パットン学長