メディアと言語専修

メディアと言語専修

社会における様々な領域において、幅広い知見、学識を持ちつつも、それを実践的に適用できる人材が求められています。メディアと言語専修では、社会言語学、コミュニケーション、メディア等の専門領域における、基礎研究能力を身につけると共に、実践能力をプロジェクト経験等を通して養うことを趣旨とします。基礎および専門科目で上記の主要領域の科目を配すると共に、他専修領域のコースを積極的に活用することで学際的かつ実践的な応用能力を高めます。授与する学位は、修士(メディアと言語)です。


 

ページTOP