人類学

人類学

授業をWEBで体験

ICU OpenCourseWareで、本学の授業を体験することが可能です。ぜひご覧ください。

ANT-malarney.jpg

担当教員によるメジャー紹介

各担当教員がメジャーの学びや魅力を紹介します。

担当教員

ブラウン, ベルナルド エンリケ / BROWN, Bernardo Enrique
加藤 恵津子 / KATO, Etsuko
マラーニー, ショウン K. / MALARNEY, Shaun K.
森木 美恵 / MORIKI, Yoshie

Mission Statement

人類学は、人類の多様性を研究する学問である。我々人間はホモ・サピエンスという同一種に属すが、地球上の諸文化の間には驚くほどの差異が見られる。この ような差異は、言語、宗教、儀式、食文化などに表れ、人間を他の動物と大きく分けている。人類学の目的は、ヒトの暮らしに見る共通性と多様性の、両方を理 解することである。

Learning Goals

ICUの人類学メジャーは、以下の5つの側面を重視する。

国際性 :人類学は比較に基づいた学問であり、世界各地の社会と文化について研究する。ICUの人類学は、東アジアおよび東南アジアに重点を置いているが、人類学専 攻生は世界中の、現在・過去のどの文化でも研究することができる。個人としてもまた研究上においても、常に国際的な視点を持つことが基本となる。

柔軟性 :人間の多様性を研究する人類学は、非常に幅広いトピックを研究対象とする。宗教、医療、ナショナリズム、グ ローバル化と超国家主義、ジェンダー、シンボリズム、暴力、食、不平等など、ICUの人類学では社会と文化の様々な側面に焦点をあてる。人類学専攻生は、 この中から最も関心を持つトピックや問題について学び、研究を行う。

調査実習 :人類学者は調査対象者と共に暮らし、人々との対話を通して研究を行う。人類学専攻生には、自ら研究計画を立 て、現地調査し、結果をまとめること、フィールドワークの実習を履修することが奨励される。これまでの実習では、北海道、沖縄、カナダ、インドネシアなど を訪れている。

批判的分析 :文化は、美しい習慣や伝統と思われがちであるが、権力関係や政治的要素も含んでいる。人類学メジャーでは、これらの側面をどのように批判的に分析し、理解するかを学ぶ。

地球市民主義 :人類学を学ぶことで、狭い視野を捨て、我々が皆、グローバルコミュニティの一員であることを認識できるはずである。人類学専攻生には、世界の多様性の中に自分を位置付け、自らの果たすべき役割を見出してほしいと願っている。

ページTOP