NEWS

NEWS

本学学生と協定校の留学生が長野県天龍村でサービス・ラーニング

公開日:2016年7月13日

天龍村役場での集合写真

天龍村役場での集合写真

6月29日(水)から7月5日(火)までの1週間、本学サービス・ラーニング・プログラム*の提携校である香港中文大学崇基学院**(香港・沙田区)の留学生と交換留学協定校のミドルベリー大学***(アメリカ・バーモント州)からの留学生、それに本学学生を加えた合計10人が、長野県下伊那郡天龍村を訪れ、サービス・ラーニング活動*を行いました。

今回の天龍村でのサービス・ラーニング活動は、昨年の夏に本学2年次の学生1人が国内で実施するコミュニティ・サービス・ラーニング・プログラムの一環として、天龍村に単身で一ヵ月間滞在し、サービス活動を行ったことがきっかけとなり、同村役場と本学サービス・ラーニング・センターの間で、本学の国際性を活かしたより組織的なプログラムが組めないかと検討を重ね、今夏の活動が実現しました。

期間中、学生たちはブルーベリー収穫の手伝いや当地に代々伝わる大豆の苗の作付け、全校児童数21名の天龍小学校での校内音楽会観賞、戦争の歴史を刻む平岡ダム建設のレクチャー、600年続く伝統祭祀を守る坂部地区の方々との交流、さらには村の方々の自宅に2日間ホームステイを行なって、地元村民と交流を図りました。これまで経験したことのない農作業や村独特の文化に触れ、都会とは全く異なる日本の文化・社会を体験することで、自身のライフスタイルや物事の見方を見直す貴重な機会を得ました。

天龍村での活動を終えた10人の学生は、東京に戻り引き続き三鷹市内の小中学校や高齢者施設で約2週間のサービス活動を実施して、21日に天龍村役場の方や三鷹地域の関係者を招いて活動報告会を実施し、本サービス・ラーニング・プログラムでの経験と学びをまとめることになっています。

soybean_name.jpg

サービス・ラーニング活動に参加した学生のコメント

report_name.jpg

*「サービス・ラーニング」とは、学生が一定の期間、サービス活動(奉仕/ボランティア活動)を体験することによって、それまで学んできたことを実際のサービス活動に活かし、また実際のサービス活動から自分の学問的取組みや進路について新たな視野を得る教育プログラムです。

**香港中文大学崇基学院は、アジア大学ランキングで13位(出所:Times Higher Education)にランクインする香港中文大学に四つあるカレッジの一つで、キリスト教に基づく教育を特長としています。


***ミドルベリー大学は、全米のリベラルアーツカレッジ・ランキング(出所:U.S.News Education)で4位の大学で、良質な教育と理系分野でその名を知られています。

ページTOP