NEWS

NEWS

第35回浅草サンバカーニバルS2リーグで本学学生団体ラムズが優勝

公開日:2016年9月2日

8月27日(土)に行なわれた第35回浅草サンバカーニバル(東京都台東区)のS2リーグにて、本学の学生団体ラムズ(LAMBS: Latin American Music & Batucada Society, ラテンアメリカ音楽愛好会)が優勝しました。

浅草サンバカーニバルは、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロスタイルのサンバカーニバルを目指すイベントで、浅草で1981年(昭和56年)から開催されています。毎年数多くの来場があり、主催者発表では50万人で賑わう大イベントです。

サンバカーニバルのコンテストは、上位部門のS1リーグとS2リーグの2リーグ制で、今年のS2リーグには、8チームが参加。ラムズは、審査項目の中で特に躍動感や演奏について高評価を得て、優勝しました。

これにより、来年度からラムズは、上位部門のS1リーグに参加することになります。

Lambs160902.jpg

チームの全体監督を担ったラムズ鈴木岳志さん(教養学部2年)のコメント

今年のチームを率いたリーダーたちは、昨年一度しか浅草サンバカーニバルを経験していない2年次の学生のみで構成されていて、右も左もわからないまま、何度も壁にぶつかりました。そんな中、現役メンバー、OB/OG、そして一般参加という形でパレードに協力してくれた多くのICUの在学生など、本当にたくさんの人たちと力を合わせ、今回優勝という結果を残せたことはラムズ全体に、大きな自信と喜びをもたらしました。

また、今回の優勝はまぎれもなく、全員でつかみ取ったものであり、ラムズという団体の「繋がり」の強さを改めて実感しました。このラムズの素晴らしいメンバーと共に今年の夏を過ごせたことを誇りに思います。今年の優勝を次に繋げ、さらに素晴らしいパフォーマンスが出来るように、これからもICUラムズ、頑張っていきますので、よろしくお願いします!

unnamed-6.jpg
ページTOP