NEWS

NEWS

本学教養学部副部長(学修支援担当)の小瀬博之教授が近畿地区大学教育研究会第85回研究協議会で講演

公開日:2016年9月16日

8月17日(土)、本学教養学部副部長(学修支援担当)の小瀬博之教授(メジャー:生物学)が、近畿地区大学教育研究会の招聘を受け、「教育推進とスタッフディベロプメント」をテーマに開催された第85回研究協議会で、「多様な背景の学生が学ぶ大学におけるインクルーシブな学修環境の整備に向けての取り組み」というタイトルで講演を行い、その後パネル討論で質疑応答を行いました。

主に近畿地区から約50名の大学教職員が集う中、小瀬教授は、本学のアカデミックプランニング・センターの活動を中心に、学修支援体制についてのプレゼンテーションを行いました。参加者からは特にピア・アドヴァイザーと呼ばれる本学学生アドヴァイザーの「ICU Brothers and Sisters*」に対する高い関心があり、「どのようなインセンティブがあるのか」「採用の基準や方法はどうなのか」「ピア・アドヴァイザーとしての経験と学生としての学びにどのような関係があるのか」などの質問が寄せられました。

*ICU Brothers and Sisters (IBS)
ピア・アドヴァイザーと呼ばれる学生アドヴァイザーたちが学生と同じ目線を持つ頼れる先輩として、学生生活や履修、メジャー選択など、幅広い相談に応じています。

61講演(小瀬先生)_e.jpg

ページTOP