NEWS

大学燭火礼拝

公開日:2017年12月19日

12月15日(金)、参列者で満員となった大学礼拝堂にて、大学燭火礼拝が執り行われました。

本礼拝は学生の奉仕によって進められており、これまで同様に今年もこの日のために組織された学生の聖歌隊とオーケストラの演奏、学生による聖書朗読では、英語、ポルトガル語、中国語、フィジー語、日本語の5ヵ国語で朗読が行われました。また、宗教音楽センターが主催するオルガン講座受講生による演奏、学生音楽団体有志による聖奏などが行なわれました。

教員からのメッセージにおいては、宗務委員のカレン, ベヴァリー F. M.教授(メジャー:メディア・コミュニケーション・文化、 日本研究)が、「アドヴェント・タイム」というタイトルで言葉を贈りました。

Candle-light-service171215-048_merge.jpg

Page top