NEWS

「外務省 外交講座」を開講しました

公開日:2017年12月22日

12月21日(木)、本学植田隆子教授(メジャー:国際関係学・政治学、元外務省EU代表部次席大使)の「国際機構論」のクラスにおいて公開講演「外務省 外交講座」が実施されました。

本学卒業生の高林宏樹外務省国際協力局気候変動課交渉官から、「気候変動と国際機構」をテーマに、(1)気候変動問題とは何か、(2)同問題を扱う国際機関、(3)気候変動枠組条約事務局の任務、(4)気候変動条約事務局と気候変動交渉、(5)京都議定書からパリ協定へ、(6)気候変動交渉の現状と今後の課題、について、わかりやすい解説をしていただきました。

また質疑応答の時間では、学生から京都議定書の今日的意義、パリ協定に対する米国の態度、気候変動から見たエネルギー源など多数の質問が出され、丁寧かつ具体的な回答に、学生たちは真剣に耳を傾けていました。第二部では、外務省の仕事について、ご自身の経験も踏まえ、本学卒業生としての観点も含めた説明がなされ、外交官を希望する学生などからの質問に対し、非常に参考になる回答がなされました。

IMG_1950_R.jpg

Page top