NEWS

【訃報】 名誉教授 古屋 安雄氏が逝去されました

公開日:2018年7月6日

  • 並木浩一本学名誉教授による追悼記事


furuya_sensei.png

本学名誉教授で国際基督教大学教会名誉牧師の古屋安雄(ふるや・やすお)氏が、2018年4月16日(月)に逝去されました。91歳。ここに謹んで哀悼の意を表し、お知らせ申し上げます。

古屋氏は、日本神学専門学校(現・東京神学大学)卒業後、アメリカ・プリンストン神学大学大学院にて神学博士号を取得し、1959年11月に本学教養学部人文科学科(当時)講師、宗務部長として着任。その後、72年に教授となり、97年に定年で特任教授を退任されるまで、本学の宗教活動の指導、教養学部のさまざまな授業を担当し、常に学生をひきつけ、刺激と多大の感化を与えました。また、数多くの英文および独文論文により、日本のキリスト教を海外に紹介しました。

以下の通りご葬儀を執り行います。

日時:2018年4月22日(日)午後1時より
場所:国際基督教大学 大学礼拝堂
   〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2
   TEL: 0422-33-3323(宗務部)Fax: 0422-33-3372
ご遺族はお花料をご辞退されます。

【生年月日】
1926年9月13日

【学位】
1951年 日本神学専門学校(現・東京神学大学)卒業
1959年 プリンストン神学大学大学院 神学博士号 

【略歴】
1959年 国際基督教大学教養学部人文科学科講師、宗務部長
1963年 同大学教養学部助教授
1966年 同大学教養学部準教授
1972年 同大学教養学部教授
1997年 同大学退任
1997年 同大学名誉教授
1997年 国際基督教大学教会名誉牧師
1997年 東京女子大学宗教顧問
1999年 聖学院大学大学院アメリカ・ヨーロッパ文化学研究教授、科長

【主な著書】
『キリスト教国アメリカ』 新教出版社、1967年
『キリスト教の現代展開』 新教出版社、1969年
『プロテスタント病と現代』 ヨルダン社、1973年
『激動するアメリカ教会』 ヨルダン社、1978年
『現代キリスト教と将来』 新地書房、1984年
『宗教の神学―その形成と課題』 ヨルダン社、1985年
『日本の神学』(共著) ヨルダン社、1989年
『日本伝道論』 教文館、1995年
『日本の将来とキリスト教』 聖学院大学出版会、2001年
『日本のキリスト教』 教文館、2003年 
『キリスト教と日本人―「異質なもの」との出会いー』 教文館、2005年
『なぜ日本にキリスト教は広まらないのかー近代日本とキリスト教―』 教文館、2009年
『日本のキリスト教は本物か?―日本キリスト教史の諸問題―』 教文館、2011年
『私の歩んだキリスト教―一神学者の回想―』 キリスト新聞社、2013年

Page top