NEWS

NEWS

第5回日仏会館フランス語コンクール奨励賞・日本ロレアル賞を本学3年福島香南さんが受賞

公開日:2012年11月23日

11月23日(金)、公益財団法人日仏会館が主催する「第5回日仏会館フランス語コンクール」にて、ICU教養学部アーツ・サイエンス学科3年の福島香南さんが、奨励賞・日本ロレアル賞を受賞した。

本コンクールは、2008年に日仏交流150周年を記念して始められたスピーチ・コンテスト。今年は57名の応募があり、そのうち書類選考を通過した15人がスピーチを行った。今年のテーマ「なぜフランス語を学ぶのか?」。受賞した福島さんは、フランス語に興味をもったきっかけ、フランス留学での挫折、自らのメジャーである人類学とフランス語との関連について発表した。

福島さんが、本格的にフランス語を勉強し始めたのは、大学2年次のフランス語の授業。その後も毎学期フランス語の授業を履修していたほか、夏季留学プログラムでのフランス留学、日仏学生フォーラム*への参加などを行っていた。

また、今回のコンテストへの参加を決めた後は、教員やTA(ティーチングアシスタント)に発音を聞いてもらう、フランス語を口ずさみながら通学する、自分の発音を録音し確認するなど、コンテストに備えたという。

パブリックリレーションズ・オフィスのインタビューに答えた福島さんは、「今回の受賞は、これまでの勉強の結果なので、すごくうれしい。これからも勉強を継続して、次はより上位を目指します」とコメントした。

*日仏学生フォーラム
日仏学生フォーラム(Forum Franco-Japonais des Etudiants / FFJE)は、学生の交流を通じて日本とフランスの相互理解を深め、日仏の架け橋になる人材を育成するため設立されたもの。公益財団法人日仏会館のもと、日仏両国の学生たちが活動を行っている。

ページTOP