2013年度NEWS一覧

2013年度NEWS一覧

各種お知らせや、ICUに関するさまざまなニュースをご覧いただけます。

大学燭火礼拝

公開日:2013年12月26日 12月20日(金)夜、大学礼拝堂において、大学燭火礼拝が執り行われた。 音楽教員の指導のもと、この日のために組織された学生の聖歌隊とオーケストラの演奏、学生による多言語での聖書朗読、宗教音楽センターが主催するオルガン講座受講学生による演奏、学生音楽団体有志による聖奏など、学生の奉仕によって進められた…

第1回「Go Global Japan Expo」へ参加

公開日:2013年12月18日 本学が採択された文部科学省のグローバル人材育成推進事業の採択校42大学、グローバル30及び大学の世界展開力強化事業採択5大学による、47大学合同の相談・体験イベント、「Go Global Japan Expo」が2013年12月15日に早稲田大学で開催され、本学もブースを出展したほか、分科会にてプレ…

環境展示会エコプロダクツ2013へ出展

公開日:2013年12月18日 2013年12月12日(木)、13日(金)、14日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催された環境展示会「エコプロダクツ2013」に、昨年に引き続き本学もブースを出展した。 今年は、学生がサステイナブルキャンパス・学生ワーキンググループの活動報告を行ったほか、生物学、環境研究の布柴達男教授、小林…

第16回人権セミナー開催

公開日:2013年12月16日 12月10日(火)、本学の東ヶ崎記念ダイアログハウスにて、人権セミナーが開催された。このセミナーは、人権にかかわる啓発活動や相談活動を行っている本学の人権委員会が主催し、毎年人権週間(12月4日から12月10日)にあわせて開催されている。16回目を迎えた今年度は、講師にChange.org日本代…

同窓生インタビュー公開 平井一夫 ソニー株式会社代表執行役社長兼CEO

公開日:2013年12月14日 ICUグローバル人材育成プロジェクトWebサイトに、本学の同窓生である、平井一夫 ソニー株式会社 代表執行役社長 兼 CEO のインタビュー動画をアップしました。どうぞご覧ください。 【ICUグローバル人材育成プロジェクトWebサイト】 http://web.icu.ac.jp/global/top…

クリスマス・年末年始休業について(願書入手方法含む)

公開日:2013年12月9日 本学のクリスマス・年末年始休業に係るスケジュールは以下のとおりです。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、緊急の場合は保安グループ(0422-33-3110)へお電話くださるようお願いいたします。12月24日(火) 通常業務12月25日(水) 休業(クリスマス休暇)12月26日(木) 通常業務12月27日…

献学60周年記念 サービス・ラーニングシンポジウム「日本の教育的文脈におけるサービス・ラーニングの意義とこれからの展望」開催

公開日:2013年12月9日 12月7日(土)、本学にて、献学60周年記念事業の一環として、サービス・ラーニング・センター設立10周年記念シンポジウム「日本の教育的文脈におけるサービス・ラーニングの意義とこれからの展望」が開催された。 サービス・ラーニングとは、大学での学びと社会の実体験を結びつける教育プログラムで、現在では…

【学長講演】大学トップマネジメントフォーラムに登壇

公開日:2013年12月5日 12月1日、東京商工会議所ホールで開催された「大学トップマネジメントフォーラム『少子化時代に求められる大学教育とは』~2018年問題を考える」に、本学日比谷潤子学長が登壇した。 当日は、朝日新聞出版『大学ランキング』編集長の中村正史氏が「少子化時代を決する大学教育の中身」と題した、基調講演を行っ…

多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)に新たな加盟校が加入

公開日:2013年12月2日 多摩地区5大学で結成する多摩アカデミックコンソーシアム(1995年設立 以下:TAC)に、この度、東京外国語大学が2013年11月より加盟することが正式に承認され、同月26日(火)に6大学学長が一同に会し写真撮影が行われた。 TACとは、多摩地区にある、国際基督教大学(ICU)、国立音楽大学、 東京…

本学ロベルト,リッジ教授、河内宏教授(他 共著)の論文が、国際的な細胞生物学ジャーナル『Protoplasma』に掲載、表紙への採用が決定

公開日:2013年12月2日 本学のロベルト,リッジ教授(メジャー:生物学)、河内宏Othmer記念科学教授(メジャー:生物学)、およびJSPS(日本学術振興会)博士研究員でLa Trobe大学(オーストラリア メルボルン)のF. Perrine-Walker博士との共著による論文、 「Endoplasmic reticulu…

ページTOP