NEWS

NEWS

日比谷学長:APRU年次シニアスタッフ会議において講演

公開日:2013年3月31日

2013年3月6日(水)、早稲田大学においてAPRU(Association of Pacific Rim Universities:環太平洋大学協会)年次シニアスタッフ会議*が開催され、本学日比谷潤子学長がAPRUへ加盟する大学に加えて、パネルディスカッションのゲストスピーカーとして登壇した。

「Global Human Resources and Universities」をテーマとした本会議では、有賀理氏(文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室長)による基調講演、その後パネルディスカッションが行われ、日比谷学長は、本学献学当初から唱える理念が現代のグローバル化に通ずるものであることを取り上げるとともに、本学のバイリンガル教育や先般本学が採択された「グローバル人材育成推進事業」の取り組みについて紹介した。

各スピーカーによる発表後の質疑応答では、「留学生交流のあり方」、「新規留学プログラムなどの評価制度」、「グローバル化における非英語圏大学の英語化の困難さ、傾倒への疑問、母国語の意義」など数多くの質問が会場からなされた。

パネルディスカッションは予定終了時刻を大幅に超え、参加者のグローバル人材育成と大学のあり方に対しての関心度の高さが伺えた。

*APRUシニアスタッフ会議とは、同協会が実施する年次学長会議に対してAPRUとして提示する様々な取り組みを検討するため国際交流担当副学長などが参加し、分科会などをとおして関係者間の交流を深めるもの。

ページTOP