NEWS

NEWS

宮城県水産高等学校がサイエンス・キャッスル ICU賞受賞

公開日:2013年4月9日

(写真提供:株式会社リバネス)

2013年3月17日、「サイエンス・キャッスルin TOKYO」(株式会社リバネス主催)が一橋大学で開催された。

サイエンス・キャッスルとは、中高生が自身の研究活動を発表する次世代の理系研究人材育成を目的としているイベントで、本学も中高生の研究も応援する目的で優秀賞の一つとしてICU賞を創設している。

今回ICU賞は、魚醤と微生物について研究成果を口頭発表した宮城県水産高等学校チームに授与された。審査を担当した、本学小林牧人教授(メジャー:生物学、環境研究)・布柴達男教授(メジャー:生物学、環境研究)によると、審査基準は、(1)応用科学の分野で新しいチャレンジをしているか、(2)メカニズムの解明が研究過程に含まれているか、(3)テーマの面白さ、(4)研究成果を実用化すると人々をハッピーにするか、(5)自分たちがどれだけ研究を楽しんでいるか、の5つ。

次回サイエンス・キャッスルの開催は、2013年12月の予定となっている。
http://2013.s-castle.com

「ICUはこれからも中高生の研究を応援していきます」

ページTOP