NEWS

NEWS

ペトラ・キリスト教大学との包括協定を締結

公開日:2013年7月10日

7月4日(木)、インドネシアのペトラ・キリスト教大学のローリー・インタン学長とメリンダ連携推進局長が来学し、大学間交流に関する包括協定書の調印式を行った。

今後は、教職員及び学生の交流、テレビ会議等を通じた講義やプレゼンテーション、共同研究プロジェクトの実施等、総合的な連携・協力を推進する。

ペトラ・キリスト教大学は、インドネシアの都市スラバヤに位置し、キリスト教主義に基づく思いやりと、グローバルな人材を輩出するための教育を理念に1961年設立され、6学部、22学科、大学院1学科を有する総合大学である。同校とは、ACUCA(Association of Christian Universities and Colleges in Asia/アジア・キリスト教大学協会)加盟校として交流を続けている他、2004年より本学学生がペトラ・キリスト教大学において、サービス・ラーニングの取組を行っている。

本学大学院修了生でもあるインタン学長は「様々な機会を通じて、両大学の学生と学術間の交流を深めたい」と語った。

本学はグローバル人材育成推進事業の一環として、留学プログラムの期間と地域の多様化を目指している。留学プログラム詳細はこちら

ページTOP