NEWS

NEWS

本学博物館湯浅八郎記念館 献学60周年記念展「建物に見るICUの歴史」開催中

公開日:2013年9月11日

9月10日(火)から11月15日(金)まで、献学60周年記念展「建物に見るICUの歴史」が本学博物館湯浅八郎記念館にて開催されている。

縄文時代以前から人々の暮らしが始まった本学が位置する東京西部の野川流域は、江戸時代に農地開発が進み、関東大震災後には住宅開発、そして戦時下には中島飛行機会社の工場・研究施設が建てられるなど、様々な歴史を刻んできた。

そしてその後、1953年に「国際的社会人としての教養をもって、神と人とに奉仕する有為の人材を養成し、恒久平和の確立に資すること』を目的とした本学が献学され、現在に至るまで、学生や教職員たちがともに学ぶ場となっている。

展示では、このキャンパスに開学前から存在する建物と、「学問への使命」「キリスト教への使命」「国際性への使命」を実現するために建てられた建物を、写真、スライド、当時の資料から振り返り、本学の原点・理想を浮かび上がらせるとともに、未来の道へと導いてくれる。

期間中には、下記の特別講演も予定されている。

本学名誉教授J.エドワード・キダー氏によるギャラリーレクチャー

タイトル:「ICUの歴史とキャンパスの考古学」
日時:2013年9月14日(土) 13:30~14:30

メールによる申込はこちら

特別展「建物に見るICUの歴史」関連公開講座

タイトル:「ICUキャンパス前史ー中島飛行機三鷹研究所ー」
日時:2013年10月12日 (土) 14:00 ~ 15:30
講師:高柳 昌久氏 (ICU高校教諭)

メールによる申込はこちら

国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館

ページTOP