NEWS

NEWS

多摩アカデミックコンソーシアム(TAC)に新たな加盟校が加入

公開日:2013年12月2日

多摩地区5大学で結成する多摩アカデミックコンソーシアム(1995年設立 以下:TAC)に、この度、東京外国語大学が2013年11月より加盟することが正式に承認され、同月26日(火)に6大学学長が一同に会し写真撮影が行われた。

TACとは、多摩地区にある、国際基督教大学(ICU)、国立音楽大学、 東京経済大学、津田塾大学、武蔵野美術大学の5大学で結成する大学協力機構。それぞれの特色ある専門分野を活かした相互協力や、ネットワークの構築によって教育・研究活動を活性化させ、地域社会に貢献していくことを目指している。この度、初めての国立大学である東京外国語大学が加盟することで、異なる専門分野との交流から生まれる新たな可能性が期待されている。 TAC newsサイト http://www.tacnews.com

TACに加盟している大学間では、単位互換制度や図書館の相互利用、学生・教職員の交流など、多彩な活動を展開してる。単位互換制度では、他大学の授業科目を履修でき、修得した単位は在籍する大学の卒業単位として認定される。さまざまな知的関心と興味に応じて、在籍大学にはない分野の科目を学ぶことにより、専門性に新たな展開を見出し、学びに広がりを持たせる目的で導入されている。また、図書館の相互利用では、個性的かつ魅力的なコレクションとなっている各大学の図書館を自由に利用でき、より広範囲な分野の資料や情報を入手することが可能となっている。

2013年11月26日(火) TAC教職員交流講演会にて

(於:国立音楽大学)

写真左より

津田塾大学 國枝 マリ学長
武蔵野美術大学 甲田 洋二 学長
国際基督教大学 日比谷 潤子 学長
東京外国語大学 立石 博高 学長
東京経済大学 久木田 重和 学長
国立音楽大学 庄野 進 学長

ページTOP