NEWS

NEWS

第16回人権セミナー開催

公開日:2013年12月16日

12月10日(火)、本学の東ヶ崎記念ダイアログハウスにて、人権セミナーが開催された。このセミナーは、人権にかかわる啓発活動や相談活動を行っている本学の人権委員会が主催し、毎年人権週間(12月4日から12月10日)にあわせて開催されている。16回目を迎えた今年度は、講師にChange.org日本代表、ハリス鈴木絵美氏を迎え、「ソーシャルネットワーク(SNS)の可能性と覚悟」について話し合った。

ハリス鈴木絵美氏は、SNSについて「多様性が生まれる」、「以前にはなかった、様々なつながりが生まれる」等、情報収集・交換になくてはならないツールである一方で、「自分の行動を記録することに必死で、その時、その瞬間を楽しむことができなくなっている」、「生の対話ではないため、コミュニケーションがネガティブになっていく」、「プライバシーが担保されていない」、「SNS利用者は、自分が商品としても利用されていることを認識すべき」等の問題を指摘した。またその上で、今後どのようにSNSを利用していくべきかを、これまで自身がオバマ氏の選挙キャンペーンスタッフで活動してきた経験やChange.orgでの事例等と共に語った。

そして、最後の意見交換では、本学学生からの質問が多数投げかけられ、SNSへの高い関心が伺われた。

ページTOP