NEWS

NEWS

図書館「誰も借りてくれない本フェア」開催

公開日:2014年6月18日

6月16日(月)から7月4日(金)まで、図書館本館にて「誰も借りてくれない本フェア」が開催されている。このフェア開催案内を図書館職員がTwitterで広めたところ、「ユニークな企画」としてTweet数が急増し話題となり、6月16日放映のNHKニュース「NEWS WEB」、17日付けの朝日新聞(朝刊:むさしの版)でも取り上げられた。

このフェアは、毎月図書館で開催される企画展のひとつで、書棚に並んで以来、貸出回数ゼロ件の書籍を対象に、その利用促進のために開催されている。今回対象の書籍は、新書の約100冊で、最も古い書籍は1938年発行。図書館職員一人ひとりが、対象書籍から学生が興味を持ちそうな書籍1冊以上を選び、自ら考えたキャッチコピーとともに書棚に並べている。

企画した図書館職員の相徳真理さんと紀平宏子さんは「開催の反響が予想以上に大きくとても驚いています。開催から2日で、既に対象書籍の約25%に借り手があり、なぜ今まで誰もこの本を借りなかったのかという利用者の声もあるほどです。もともとICU生は好奇心が旺盛で、本を読む学生が多い*ことも影響していると思いますが、スポットライトを当てれば読んでくれる人が多くいることがわかったので、今後もこの企画を続け、対象書籍を広げることも検討しています」と語っていた。

=====

*日本の大学761校を評価した、2015年度版週刊朝日進学MOOK『大学ランキング』(朝日新聞出版)によると、本学の学生一人あたりの年間貸出図書数は、全国2位。図書館総合評価としては、2015年度版全国2位、2014年度版1位、2013年度版2位と、常にトップクラスにランキングされている。

大学ランキング関連記事はこちら

ページTOP