NEWS

NEWS

ハートピア安八天文台 ジュニア天文倶楽部がサイエンス・キャッスルICU賞受賞

公開日:2014年12月26日

2014年12月20日(土)、「サイエンス・キャッスルin Tokyo」(株式会社リバネス主催)が大田区産業プラザPiOで開催されました。

サイエンス・キャッスルとは、中高生が自身の研究活動を発表する次世代の理系研究人材育成を目的としているイベントで、本学も中高生の研究を応援する目的で優秀賞の一つとしてICU賞を創設しています。

本学小林牧人教授(メジャー:生物学環境研究)、久保謙哉教授(メジャー:化学環境研究)および2名の大学院生が中高生の研究発表の審査を行うとともに、その内容について中高生と真剣に議論を行いました。

今回のICU賞は、満月の時に月の周縁が明るい理由(太陽光の周縁減光が起こりにくいこと)、その結果として起こる満月の美しい輝きについて研究を行った岐阜県安八郡の生涯学習センターハートピア 安八天文台のジュニア天文倶楽部に所属する中学生たちが受賞しました。

実際の月のデータと、ユニークな着眼点で勧められた実験の結果を比較し、誰もが面白いと思う疑問について論理的に解説したことが高く評価されました。

次回サイエンス・キャッスルの開催は、2015年12月の予定となっています。

なお、本学ICU特別入学選考(AO入試)Bカテゴリーでは、自然科学分野の自主研究や理科課題研究の成果を含む選考を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

ページTOP