NEWS

NEWS

湯浅八郎記念館 特別展「日本の色 - 赤・黒」開催中

公開日:2015年1月13日

1月6日(火)から3月13日(金)まで、湯浅八郎記念館にて特別展「日本の色-赤・黒」が開催されています。

お正月などに用いられる重箱や、普段使いの椀や盆など、今でも日本の家庭ではさまざまな漆器が使われています。今回の特別展では、食器や酒器を中心に、一部化粧道具を加えた約90点もの漆工品が展示され、それらが登場する幕末から明治の浮世絵も併せて紹介されています。

朱漆の「赤」と黒漆の「黒」のコンビネーションと、それぞれの器に施された装飾の美しさをお楽しみください。新しい年の始まりに、見ているだけで縁起が良くなるような展示となっています。

第94回公開講座「赤と黒の創造」

講師:池田 巖氏(漆芸作家)

日時:2015年1月31日(土) 14:00~15:30

会場:湯浅八郎記念館エントランスホール

聴講無料、事前予約制(先着順)

お申込みはこちらから

ページTOP