NEWS

留学生のフェアウェルパーティを開催

公開日:2018年6月13日

6月8日(金)、2018年6月に本学を卒業する学生と、交換留学プログラムを終了する学生のためのフェアウェルパーティを開催しました。

小澤伊久美日本語教育課程主任の司会のもと、日比谷学長の挨拶で教職員や友人との歓談がスタートし、歓談後には交換留学生を代表して3名がスピーチを行いました。

farewell.jpg
左からナタリー・クリストジョさん(アテネオ・デ・マニラ大学・フィリピン)、フラナガン・ショーンさん(マサチューセッツ大学
アマースト校・アメリカ)、カリッサ・リーさん(ミドルベリー大学・アメリカ)

「日本での生活は、物事の見方がいかに多様であることを実感させ、自分のいろんな意識も変えた」「ICUは日本語があまりできなくても友達ができる環境ですぐに馴染むことができた。また、寮での生活は文化や価値観の違いをさまざまな局面で感じ、非常に学ぶことも多く、とても充実していた」「ICUは多文化・多言語教育・環境が素晴らしい」「クラブ・サークル活動に参加し、活動を通して日本の色んな場所(広島など)に行くことができた」、「夏しか経験したことのない私にとって、ICUで春夏秋冬を体験できた。外国で暮らすことで責任もって生活できた」とスピーチを行ない、流暢な日本語に会場からは拍手喝采がおきました。

Page top