ニュース

米国ウースター大学と学生交換留学協定を締結しました

2015年6月 9日

5月21日(木)、米国のリベラルアーツ・カレッジ、ウースター大学からキャロリン・ニュートン統括副学長が来学され、本学との間で学生交換留学協定を締結しました。

ウースター大学は、米国オハイオ州に位置するリベラルアーツ・カレッジで、学生数は約2000人。良質な教育と特に理系分野に強みを持つ大学としてその名を知られ、本学とは、2010年に採択された文部科学省「経済社会の発展を牽引グローバル人材育成支援」の取組の一つとして、自然科学分野を学ぶ学生の卒業研究に特化した交換留学の実現に向けて調整を進めていました。

この度、協定が結ばれたことにより、学生の交換留学が開始され、まず今夏よりウースター大学の学生が本学の夏休み期間と秋学期に滞在し、卒業研究の一端を本学で進める予定です。