アクションプラン

ICUの国際化の取組は、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」、「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」(GGJ)に採択されています。

1953年、第二次世界大戦への深い反省から、世界の平和に貢献する人材の育成を目的とし献学されたICUは、以来60年にわたり日本の大学の国際化をリードし、国際社会において信頼される多くの人々=「地球市民」を数多く育ててきました。

そして今、ICUのリベラルアーツをグローバルに展開し、さらに多くの信頼される地球市民を育成するため、国際化の次のステップを踏み出しています。