学長メッセージ

Expanding Potential -- 可能性の翼を広げよう

国際基督教大学(International Christian University)は、献学以来、世界を舞台として人類の平和と共存に実践的な貢献ができる信頼される地球市民を育てることを教育目標としてきました。そして、その目標をさらに高いレベルで実現するためのさまざまな取組みが、2012年には文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」、2014年には同省「スーパー グローバル大学創成支援」に採択されました。

ICUでは信頼される地球市民に必要な資質として3つの柱を掲げています。1つめは、自然科学、社会科学、人文科学など文理の枠を超えて幅広く学び、それらの分野を統合する能力。2つめは、異質な他者との出会いの中で自分を位置づける能力。そして、3つめは英語によるコミュニケーション能力、中でもライティングの力です。自分のメジャー(専修分野)で英語の論文が書けることを目標にしています。

リベラルアーツは、自由になるための学芸であるといわれます。幅広く人間や世界について学んだ後に専門を深め、生涯を通じて学び続ける姿勢を身につけることは、大きな可能性を広げる素地となるでしょう。また、ICUの徹底した日英バイリンガリズムの環境の中、多様な背景を持つ学生や教員と共に学ぶことにより、互いの違いに気づき新たな自分を発見できるはずです。そして、少人数制の参加型授業の中で、他者とのコミュニケーションに大切な対話の力を磨いてください。日本語だけでなく英語できちんと筋道立てて書ける力を養い、自分の考えをグローバルに発信し、大きな世界へと羽ばたいてください。

"Expanding Potential"

好奇心のおもむくままに何かに没頭し、自分自身のやりたいことを突き詰めやりとげる。そのために、ICUで世界中の人々と出会い、卓越した力を身につけ、あなたの持つ可能性を思う存分広げてほしいと思います。