統合的な学修支援体制の構築

学修・教育センター新設で専門的な学修支援体制が充実。そして利便性も向上します。

学生一人ひとりが信頼される地球市民となるには、質の高い教育と、それぞれ異なるニーズや課題に応える学修支援が必要です。ICUではこれまで履修計画のサポートを行う「アカデミックプランニング・センター」、論文・レポート執筆のアドバイスを行う「ライティングサポートデスク(WSD)」、障がいのある学生の学修サポートを行う「特別学習支援室」など、さまざまな専門的支援を、それぞれのオフィスで行ってきました。

2015年、これらの機能を統合し、より一層のサポート体制を整えるため「学修・教育センター」を新設しました。これにより、学生の利便性が高まるほか、一人ひとりのニーズや課題を一つのセンターで把握できるため、学生に寄り添った手厚いサポートをタイムリーに提供することが可能となります。

ICTのさらなる活用により学修の質を向上させます。

学修・教育センターでは、これまで以上にICT (Information and Communication Technology)を活用して学修の質を高める取組みも進めています。授業で利用する環境だけでなく、自習やグループ学修などで利用する学内の学修スペースや学修コンテンツの充実、そしてそれらの活用をサポートします。

例えば、学内向けに授業や履修ガイダンス、その他セミナーなど様々な映像を配信するICU-TVを開始しました。これにより、授業で聞き逃した内容を確認するなど、授業の復習への利用、メジャー選択や今後の履修計画の参考、参加できなかったガイダンス情報の確認など、幅広い用途に活用することができます。

さらに、あらかじめ講義内容を事前に学び、貴重な授業の時間をディスカッションやグループワークを通じた対話の時間とするなど、よりアクティブな学びを行う事も可能となります。