EVENT

EVENT

【シンポジウム】リベラルな世界秩序の終焉か?

1/
30
日時1月30日(月)13:30~18:30
場所国際基督教大学 東ヶ崎潔記念ダイアログハウ2F 国際会議室
申込方法・期限申し込み不要
参加費無料
主催国際基督教大学 社会科学研究所
上智大学 グローバルコンサーン研究所
お問い合わせ国際基督教大学 社会科学研究所 ssri@icu.ac.jp
備考・シンポジウムは英語で行われます。
・詳細はプログラムをご覧ください。

「自由貿易、多国間主義、同盟、パートナーシップ、民主的連帯、人権」に基づいた戦後世界秩序の核心原理であるリベラルな国際秩序は危機にあるようだ。 中国など非西欧諸国の新政権がアメリカの支配に挑戦する可能性があるなか、ジョンイケベリーは「リベラルな国際主義だけが唯一の選択肢である」という原則に危機は迫っていない一方で、権威の危機が存在する可能性を指摘する。


近年増加する、しばしば右派の大衆政治政党、運動、政治指導者たちによる世論への訴えや選挙における勝利は、国内レベルで自由で民主的な規範を損ない、孤立主義を高め、結局はリベラルな国家秩序が弱体化するのではないかという疑問を提起する。 これは、我々が知る世界の終わりにつながるのだろか? 本シンポジウムでは、こうした挑戦の妥当性について、とりわけ東アジアに着目しながら議論していく。

International-Symposium-Poster-E-A4.jpg

ページTOP