重要新型コロナウイルス感染症の影響により、試験日程や方法が変更になる可能性があります。変更の際には、最新情報で公表しますので、留意してください。
・2021年度一般選抜(転編入学制度の利用を含む)における新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応について:
- 新型コロナウイルス感染症等に伴う追試験の申請手続について(掲載:2021年1月25日)
- 緊急事態宣言下における2021年度一般選抜・社会人入学試験の実施について(掲載:2021年1月13日)
- B方式第二次選考実施方法の変更について(掲載:2020年11月30日)
- 追試験の実施について(掲載:2020年9月2日)
- IELTS IndicatorおよびTOEFL iBT Special Home Editionの利用について(掲載:2020年7月2日)

重要新型コロナウイルス感染症の影響により、試験日程や方法が変更になる可能性があります。
   変更の際には、最新情報で公表しますので、留意してください。
   →・2021年度一般選抜(転編入学制度の利用を含む)における新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応について:
      - 新型コロナウイルス感染症等に伴う追試験の申請手続について(掲載:2021年1月25日)
      - 緊急事態宣言下における2021年度一般選抜・社会人入学試験の実施について(掲載:2021年1月13日)
      - B方式第二次選考実施方法の変更について(掲載:2020年11月30日)
      - 追試験の実施について(掲載:2020年9月2日)
      - IELTS IndicatorおよびTOEFL iBT Special Home Editionの利用について(掲載:2020年7月2日)

転編入学制度

入学試験の詳細は入学試験要項で必ずご確認ください。
出願はWeb出願システムを利用します。
英語による入学者選抜(転編入制度)にご関心の場合は、English Language Based Admissionsを参照ください。

1. 出願資格
次のいずれかに該当する者。
①日本または外国の大学で本科学生として1年以上在学した者(見込みの者を含む)。
②日本または外国の短期大学を卒業(短期大学士)した者(見込みの者を含む)。
※休学期間は在学期間に含まれません。
2. 募集人員
教養学部アーツ・サイエンス学科:若干名
3. 出願方法
出願方法は一般選抜と同じくWeb出願システムを利用します。
ただし、高等学校調査書に加えて次のいずれかの証明書の提出が必要です。
- 上記 1.出願資格① → 大学の在学証明書または成績証明書(在学期間が記載されたもの
- 上記 1.出願資格② → 短期大学の卒業(見込み)証明書
4. 選考方法
一般選抜を受験してください。
※合否判定は一般選抜受験者と区別なく行われます。
※合格した場合、入学時の身分は「転編入本科学生」となります。
5. 他大学における履修単位の認定
転編入本科学生が本学入学以前に他の大学もしくは短期大学で修得した単位は、本学の授業科目と同等であり、また本学の卒業の要件の一部とすることが適当であると認められた科目のうち、成績C(評点70点)以上を得たものについて、入学後に所定の手続きを経て単位の編入を認めます。

他の大学に1年以上在学した学生もしくは短期大学を卒業した学生の合計編入単位数の上限は60単位です。さらに、一般教育科目は12単位、保健体育講義科目は1単位、保健体育実技科目は1単位、専門科目のうち基礎科目は9単位、選択科目は41単位を上限とします。

※本学を卒業するためには、所定の卒業要件を満たし、最終学年を含め3年以上本学に在学しなければなりません。
6. メジャー選択
入学後、登録3学期目にメジャー選択を行います。
※入学前のメジャー選択はできません。
7. 入学手続 一般選抜のページをご覧ください。
諸費用: こちらをご覧ください。
8. 入学試験要項 2021年度要項はこちらです。
出願はWeb出願システムを利用します。
重要 2021年度一般選抜(転編入学制度の利用を含む)における新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応について:
  - 新型コロナウイルス感染症等に伴う追試験の申請手続について(掲載:2021年1月25日)
  - 緊急事態宣言下における2021年度一般選抜・社会人入学試験の実施について
 (掲載:2021年1月13日)
  - B方式第二次選考実施方法の変更について(掲載:2020年11月30日)
  - 追試験の実施について(掲載:2020年9月2日)
  - IELTS IndicatorおよびTOEFL iBT Special Home Editionの利用について(掲載:2020年7月2日)
  • 日本国籍を保持していない者が本学に入学するには、日本での適法な在留資格が必要となります。合格通知書受領後に行う入学手続きが完了していても、適法な在留資格を取得できなかった場合は本学への入学は許可されません。なお 本学が出入国在留管理庁に対して在留資格認定証明書を代理申請した場合、申請の結果について本学は一切の責任を負いません。
    Those who do not hold Japanese nationality must have or obtain valid residence status in Japan to be admitted to ICU. Even if you complete the required entrance procedure after receiving a notification of acceptance from ICU, if you fail to obtain valid residence status in Japan, you will not be admitted to ICU. If ICU applies to the Immigration Services Agency of Japan for the Certificate of Eligibility (CoE) on your behalf, ICU assumes no responsibility for the results of the CoE application.

Page top