NEWS

NBA ステフィン・カリー選手が来学

公開日:2019年6月25日

6月22日(土)、23日(日)、本学の体育館でNBA「ゴールデンステート・ウォリアーズ」のステフィン・カリー選手が楽天株式会社とともに主催するバスケットボールキャンプ「Underrated Tour, powered by Rakuten」が行われました。

phys_450.jpg phys_769.jpg

3度のNBAチャンピオンと2度のNBA MVPとなったカリー選手も、高校時代はスター選手としての評価を得ることはなく、過小評価(Underrated)されていました。このキャンプでは、カリー選手と同じように、才能や実⼒があるのに⾒過ごされている次世代を担う⾼校⽣プレーヤーに、自身の能力を発揮する機会を提供する目的で開催されています。2019年1月に初めてアメリカ・ロサンゼルスで開催され、これまでアメリカで7回開催。そして、今回初めて東京で開催されることになり、2018年11月に竣工した木材の屋根が象徴的な本学A体育館のデザインや会場としての使いやすさなどから、借用の打診があり、このキャンプの社会的意義に本学としても共感し、本学での開催が実現しました。

キャンプには、事前の選考を通過した日本の現役高校生選手約80人が参加。初日の練習を経て、さらに30人に絞られ、二日目にはカリー選手からの直接指導のもと、3対3での練習などに励みました。カリー選手は、「一生懸命集中して、密度の高い練習に励んでくれた。もっとうまくなりたい、この機会にいろいろと吸収しようという気持ちを強く感じることができたし、目を輝かせながらアドバイスを聞いてくれ、次のプレーに生かそうとする姿勢を見ることができたのはよかった。上達するには、毎日のハードワークが必要だが、モチベーションを高く維持し、うまくなろうとする気持ちがより重要」と語るなど、高校生との充実した時間を満喫したようでした。

merge_sub_R.jpg IMG_6320_sub2_R.jpg IMG_6320_sub4_R.jpg IMG_6320_sub3_R.jpg IMG_6320_sub_R.jpg
Page top