NEWS

2021年春季入学式を挙行

公開日:2021年4月1日

4月1日(木)、満開の桜のもと、2021年春季入学式を大学礼拝堂で執り行ない、国内外からの新たな学部生・大学院生、本学と交換留学協定を締結している大学からの留学生、合計約650人を迎えました。式典は、コロナウィルス感染予防として会場内が密になるのを避けるため、午前と午後の2部制で行いました。

式典では、1953年の献学以来、60年以上にわたり引き継がれている伝統に則り、新入生一人ひとりの名前が紹介されたほか、世界人権宣言の原則にたち大学生活を送る旨を記した誓約書に、入学生全員が署名を行いました。そして、岩切正一郎学長が、コロナ禍の中、新たに集った新入生へ激励の言葉を贈りました。

 

岩切正一郎学長 式辞(全文)

2104010900-img02.JPG

教養学部ならびに大学院博士前期課程・後期課程新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また、ご家族、ご親戚、ご友人のみなさまにも、心よりお祝い申し上げます。

去年の秋から、書類や面接や筆記など、さまざまな種類の試験が行われました。新型コロナウイルス感染防止のために、いつもとは違ったやり方をした選考もありました。入り口は違いますが、こうして今、桜の花が咲き匂う中、みなさんを学部そして大学院にお迎えできてとても嬉しく思います。

コロナ禍のもと、今年度も春学期は、多くのコースで対面とオンラインの混合形かオンラインでの形を取ることになります。感染を避けるために、キャンパスに来ることが難しい方もいらっしゃると思いますが、なるべく機会を見つけてこの自然豊かなキャンパスで先生や学生同士の対話と交流の時を持っていただければ嬉しく思います。私たち教職員も、そのような場を積極的に提供していくつもりです。

ICUは、神と人とに奉仕し、世界平和に資する有為の人材を養成することを目的として、1953年に献学されました。それ以来、「国際性」「キリスト教主義」「学問」をミッションに、日本におけるリベラルアーツ教育の先頭に立ってきました。授業を含む日常のあらゆる場で、批判的思考、対話、多様性を大切にしています。世界はずっと昔から、一方では平和や繋がりを求めているのに、常にどこかに亀裂が入り、分断され、対立が生じ、紛争が起こっています。その不確実な世界の中で、ICUには同時代の現実において目指すものがあります。

それは、現代社会が直面する問題の解決に、common goodの理念をもって取り組むことです。Common good、共通善、つまり自由で平等な関係のなかで、みんなにとって、共通して善いもの、善いこと。それを求め、実現することを私たちは目指しています。その意識を持って大学と社会が繋がっていくことを望んでいます。

私たちは常に前を向いて進んでいます。希望を持ってICUで学び、研究し、活動しています。ICUには、先生や学生が取り組んでいる多くの活動があります。授業や、様々な活動を通じて、みなさん一人ひとりが、自分の考えを深め、友情を育み、世界の人々と交流し、実社会で活躍できる人へと自分を作って行って欲しいと思います。

みなさんが入学する学部はArts and Sciences学科、大学院はArts and Sciences研究科です。Artという単語は、美術や芸術という意味だけではなく、技術や技巧、あるいは知識の実践的な応用という意味を持っています。Scienceも、自然科学という時のような科学だけではなく、ラテン語のscio、「知る」という語源に示されているように、知ること、学問、という意味を持っています。ラブレーという16世紀フランス・ルネサンス時代の作家が書いた物語の中に、«Science sans conscience n'est que ruine de l'âme»(Science without conscience is but a ruin of the soul)という言葉が出てきます。このscienceは、学問を指していて、「良心なき学問は魂の荒廃にすぎない」という意味になります。

ICUのArts and Sciencesは、知ること・学問、そしてその応用と技術といった内容を持っています。そこには、いわゆる文系、理系の区別はありません。みなさんがICUを自分の大学として選び、リベラルアーツ教育のなかで学ぶことを選んだ、ということは、総合的な知のなかに専門的な知が包み込まれ、個別性が全体へ関係づけられている、そのような形での学問の修得の道を選んだ、ということを示しています。それは良心を持つ学問でなければなりません。21世紀の社会には、そのような知識と経験、それに裏打ちされた生き方が、これまでにも増して必要になります。

今年ICUでは、文理融合型の教育研究施設の建設が始まります。これは、ICUの教育・研究の性格を象徴する建物です。Intelligenceまでもがartificialなものとなっていく世界のなかでは、デジタル社会に対応できるデータサイエンス的思考に習熟することが求められます。と同時に、人間的であるとはどういうことなのか、という問題、テクノロジーと自然はどのように調和するのかという問題に答えることも重要となります。

私たちは時々、大学における人文科学や社会科学は何の役に立つのか、という問いが発せられるのを耳にします。その問いはひとつの大切なことを忘れています。自由な意志と感性をもつ私たち人間は、芸術や思想がなければ生きる意欲をなくしてしまう危険がある、という、そのことです。リベラルアーツは、内面の支えとなるものをしっかりと人間の中に据え、社会や自然における科学的な真理の探求を志す学のシステムです。どうかそこにあるものを存分に味わい、吸収してください。

先ほど、ラブレーからの引用を紹介しましたが、彼は16世紀前半のフランスに生きた人でした。その後、社会は宗教戦争によって激しく混乱した時代に突入します。その最中(さなか)に、『エセー』を執筆したのがモンテーニュです。彼は『エセー』のなかで様々な主題を論じていて、その中には、知ること、についての多くの考えも含まれています。学問を意味するscienceは「知る」というラテン語から来ていると申しました。先ほどの聖書朗読のなかに、「見えるものと見えないもの」に関する言葉がありましたが、その言葉が示しているのは、人間が理性の光に照らして見ているものはその尺度のなかでの真実に過ぎない、人間の理性で理解できるものとそうではないものとがある、ということです。

ICUが、学問の探究へ捧げられていると同時に、神に捧げられているということのなかには、人間とその知識のあり方についての、じつはとても重要な緊張、ある意味では、矛盾が刻まれています。ある対象を理解するとき、人間の尺度で理解できるものと、そうではないものとがある。ところが人間はときどき傲慢になり、人間の尺度で全てを理解したつもりになっています。学問だけではなく、宗教的事柄についてもです。そのことを、モンテーニュは、「神を彼らの尺度に引き戻そうとする」と表現しています。モンテーニュは、自分が持っている天秤に、銘としてある言葉を彫りつけました。「私は何を知っているか」という言葉です。そこには、この時代にはまだ珍しかった批判的な思考が働いています。

こうした引用だけをしていると、モンテーニュはまるで気むずかしい人のような印象を与えてしまうかもしれません。『エセー』を読めば、自然体の、融通無碍の、ユーモアのある人だと分かります。彼の眼差しのなかでは、帝国が揺らぐことと、木の葉のふるえることは、おなじ重みを持っています。

みなさんが、人や自然や神との出会いと対話を通じて、自分のなかにしっかりした考えの基盤をつくり、対象を理解する方法論を発見し、柔軟にその尺度を拡げ、自分自身を越えていくこと、リベラルアーツでの学びはその助けとなります。
みなさんのICUでの生活が、様々な経験に満ち、ささやかなことも深い意味を持つ、豊かなものとなるように祈ります。

Page top