NEWS

NSフォーラム「内閣官房新型コロナAIシミュレーションプロジェクトの経緯」開催

公開日:2021年6月22日

6月10日(木)、NSフォーラム*として、北野宏明・本学オスマー記念科学教授(本学卒業生、株式会社ソニーコンピューターサイエンス研究所代表取締役社長・所長)が「内閣官房新型コロナAIシミュレーションプロジェクトの経緯」と題した講演を行いました。
*NSフォーラム:本学の自然科学デパートメントが主催するイベントで、主に学外の研究者を招き、最先端の技術や研究を紹介をしていただくセミナー。

北野教授は、自身が座長を務めている「新型コロナウイルス感染症対策・AIシミュレーション検討会議」で実施されてきた、コロナの感染者数の予想、飛沫飛散のシミュレーション、ワクチン接種の計画など、政府から発表されるコロナ感染防止策、ワクチン接種の施策などの裏で行われていた議論・検討、また今後の課題として見えてきたことなどを丁寧に説明しました。

普段のニュースで耳にする政府発表などの背景となる議論を聞ける機会ということもあり、120人超の学生・教職員が参加し、講演の後に行われた質疑応答では、学生からシミュレーションで得られた科学的知見の政策への反映の現状やあり方など数多くの質問がでました。

また、フォーラムに参加した学生からは、「リアルな政策決定の話を聞く機会がないので、非常に興味深かった」、「シミュレーション予測に求められるスピードや予測精度、またさまざまな変数を考慮しなくてはならないなど、多岐にわたる領域の知識が必要で、本当に多くのハードルや制限のある中で活動が行われていたことがわかった」などの声が聞こえました。

Page top