NEWS

ICUにおける教育のベストプラクティス:成功する国際化 Successful Internationalization: Educational Best Practices at ICU を開催

公開日:2021年8月11日

ファカルティ・ディベロップメント・プログラムの一環として、「教育のベスト・プラクティス」をテーマにしたインタラクティブなディスカッション・セッションを本学の学修・教育センターとスーパーグローバル大学創成推進室が共同で一般にオンライン公開しました。


第1回目は2021年6月14日にオリビエ・アムール=マヤール准教授がホストを務め、"EMI (English as a Medium of Instruction) : Keeping Online Classes Interactive"~英語「で」教えるインタラクティブなオンライン授業~"と題して開催しました。外部からは76名が登録、当日参加者は50名ほどで、EMIの概念理解や具体的なクラスアクティビティの進め方が紹介されました。また、最後まで残った参加者で予定されていた時間を30分ほど超えて活発な意見交換が行われ、単なる教授手法に留まらず、日本人学生の多いクラスで英語でアクティブな授業を実現する上での苦労などが率直に共有されました。


今後の予定としては、10月18日に小澤伊久美課程上級准教授の「EMIからJMI (Japanese-Medium Instruction:日本語を媒介とした授業)へ~日本の高等教育にEMIの教授法を応用する試みとして~」、11月15日に岡村秀樹教授の「学生が行う子供のための科学教室と科学教育の意義」を実施する予定です。


関連ウェブサイト:https://sites.google.com/info.icu.ac.jp/icuopenfd-bestpractices/home?authuser=0

Page top