NEWS

NEWS

国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所代表 ダーク・ヘベカー氏 特別公開講演を開催

公開日:2016年12月22日

12月21日(水)、ICUロータリー平和センター*主催のもと、新垣修教授(メジャー:法学)の「地球市民社会論」の授業で国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所代表ダーク・ヘベカー氏が、"The UN Refugee Agency - Global Challenges and Opportunities"をテーマに公開講演会を行いました。

ヘベカー氏は、1950年に世界第二次大戦後の難民救済のために設立されたUNHCRの歴史や概要に触れながら、「UNHCRの活動はなぜ必要なのか」、「なぜUNHCR本部が国連本部のあるニューヨークでなくジュネーブにあるのか」、「難民の定義は」など、時折会場に質問を投げかけながら、現在の活動地域や課題などについて詳しく説明されました。

*ICUロータリー平和センターとロータリー平和フェロー
国際ロータリーとの協力により、世界5カ国、6大学院と並んで、本学にICUロータリー平和センターが設置されています。毎年10名程度をロータリー平和フェローとして大学院で受け入れ、平和と紛争解決を中心とする国際問題研究に従事する機会を提供しています。

RELATED PAGES

ページTOP