NEWS

8つの国際金融機関の駐日代表が本学に来学

公開日:2019年12月23日

12月19日(木)、8つの国際金融機関の駐日代表が集まり、「国際金融機関で働くこと」をテーマにした本学学生向けのキャリアフォーラムが開催されました。

このフォーラムは、今年4月から本学大学院で「外交・国際公務員養成プログラム」、「責任あるグローバル経営者・金融プロフェッショナル養成プログラム」が開始されたことも受け、本学客員教授で国際通貨基金(IMF)での勤務経験のある齋藤潤教授(メジャー:経済学、グローバル研究)が、国際金融機関で働くICU生を増やしたいという思いから、世界銀行(WB)に相談をしたことがきっかけとなり、その他の国際金融機関の協力を得て、開催されることになったイベントです。

当日は、IMF、WBのほか、国際金融公社(IFC)、多数国間投資保証機関(MIGA)、アジア開発銀行(ADB)、アフリカ開発銀行(AfDB)、欧州復興開発銀行(EBRD)、米州開発銀行(IDB)、の駐日代表が来学し、「国際金融機関の役割は何か」、「どのような仕事をしているのか」、「そこで求められているのはどのような人材か」、「どのようなキャリアパスがあり得るのか」などを紹介しました。

また、フォーラム終了後は、本学の学生を対象にした個別相談会が行われ、将来国際機関で働くことを目指す学部生・大学院生が、積極的に質問を投げかけていました。


参加国際金融機関・パネリスト

国際通貨基金(IMF):アジア太平洋地域事務所長 鷲見 周久 氏
世界銀行(WB):駐日特別代表 宮崎 成人 氏
国際金融公社(IFC):東京事務所長 黒澤 利武 氏
多数国間投資保証機関(MIGA):駐日代表 林田 修一 氏
アジア開発銀行(ADB):駐日代表 児玉 治美 氏(本学同窓生)
アフリカ開発銀行(AfDB):アジア代表事務所長 花尻 卓 氏
欧州復興開発銀行(EBRD):駐日代表事務所長 眞田 均 氏
米州開発銀行(IDB):アジア事務所長 中村 圭介 氏

IMG_3205_edit.jpg

Page top